ジョナサンの深夜料金の開始時間と割増割合!深夜料金を避ける裏技も紹介!

ジョナサンといえばオシャレな外観と独自のメニューで人気のファミレスです。

すかいらーくグループの傘下でもあります。また、ジョナサンは営業時間が長い事でも知られています。

近頃は減ってきましたが、以前のジョナサンはほとんどが24時間営業でした。
その為、仕事帰りのサラリーマンや、勉強後の学生さんたちが時間を気にせずくつろげる場所との認識も強いです。22時以降の客席も賑わっています。


それをうけて今回はジョナサンの深夜料金についてお話ししたいと思います。22時以降の会計で、昼間より少し高いなと感じた方はいらっしゃいませんか?

そうです、ジョナサンでは22時以降の会計に深夜料金が加算されるのです。なぜなのか?以下読み進めて頂ければ、ジョナサンでの深夜料金について納得されるかと思います。




スポンサーリンク

そもそも深夜料金って何?

近年では飲食店でも導入している店舗が目立ってきた「深夜料金」ですが、まだまだ不明な点が多いですね。深夜料金とは一体何なんなのか?というところからお話ししたいと思います。

深夜料金とは読んでそのまま、夜の22時以降にお客様から頂く割増料金の事です。割合としては、総支払の10%から30%が相場といったところです。

ではなぜ深夜料金がかかるのか?深夜料金というのは店が独自で規定しているもので、法律などで定められているわけではありません。深夜料金のかかる店舗では概ね2つの理由と考えられます。


22時以降は人件費がかかるため。

22時以降の従業員の給与は25%割り増しとなります。その為日中と価格が変わらなければ利益幅に大きな差が生じてしまいます。



22時以降の作業に対するサービス費

22時以降はできる事なら仕事や勉強を終え、くつろぎたいところです。それでも働いてくれる人たちがいます。その人たちに対する感謝料=サービス料と考えるのは自然ですね。

上記の理由からジョナサンでも深夜料金を頂いているものと推測されます。ジョナサンは深夜でも多くのお客様がいる印象です。その忙しい中に働いてくれる人がいることは我々にとってありがたい事ですね。


ジョナサンで深夜割引のかかる時間帯は?

具体的に深夜料金がかかる時間帯についてお答えしたいと思います。深夜料金は22時以降にかかってきます。22時を1分でも回ってしまったら、もうおまけはできません。なぜならジョナサンではPOSシステムで管理されており、22時から深夜料金は自動計算されてしまうからです。

ジョナサンの営業時間は店舗によって違いますが、24時間営業店舗であれば22時から翌5時までの間。それ以外の店舗では22時から閉店までが深夜料金がかかる時間帯という事です。


ジョナサンで深夜料金がかからない注文の仕方は?

22時前に入店したとしても注文しなければ意味がありません。大切なのは22時前にとりあえずでも注文し、軸となる伝票を一枚作っておくという事です。

それ以降の追加注文は軸となる伝票にかかってくることになりますので22時を過ぎたとしても深夜料金はかかりません。追加伝票には22時以降の表記がありますが、トータルの会計に深夜料金は加算されず22時以前のままです。

ただしこの方法はジョナサンが推奨しているものではありません。

上述したように、深夜料金は深夜に働いている方へのサービス費です。結果的にこのようになってしまった場合は仕方ありませんが、お勧めできるやり方ではないことを覚えておいてください。


深夜料金を取らないファミレスは?

現在、多くのファミレスで深夜料金が加算されていますが、唯一加算されないファミレスがあります。それは「ジョイフル」です。

ジョイフルは九州地域中心に出店している全国チェーンのファミレスです。24時間営業の店舗も多く、時間帯問わず多くのお客様で賑わっています。全国のジョイフル全店で、深夜料金の加算はありません。




ジョナサンの深夜料金の開始時間と割増割合!深夜料金を避ける裏技も紹介!【まとめ】

いかがだったでしょうか?なぜ深夜料金がかかるのかお分かりいただけたでしょうか?

22時以降に外食される方にとっては店が開いていることはありがたい事です。今後も開けつづけて頂くためには深夜料金は必要なのです。そのことを認識して頂ければ、深夜料金への理解も更に進んでゆくことでしょう。