珈琲館のメニューにはかき氷がある?値段や販売期間は?

まだまだ残暑がきつい日々が続いていますが、皆さん暑さにやられていないでしょうか?

こう暑いと出先で美味しいアイスコーヒーや冷たいデザート類を食べたいと思ってしまいます。


夏の冷たいデザートと聞くと、アイスやかき氷が頭に浮かびますが、珈琲に力を入れている珈琲館ですが、メニューの中にかき氷などは販売しているでしょうか?

今回は美味しいかき氷の為に珈琲館のかき氷事情を調べてみました。



スポンサーリンク

かき氷は全部で3種類!どれも手が込んでいる自慢の品!


調べてみると、珈琲館では数年前からかき氷を実施しているようです。

しかし、立地や客層の問題から実施している店と、そうでない店とで分かれています。
ファミリー向けの店では比較的やっているようなので、お店に向かう前に実施しているかチェックしましょう。

かき氷の種類は3種類のようで、基本の2種類と、その季節限定のかき氷の1種類とのことです。
2019年に実施したかき氷の種類は下記のとおりです。

◆苺みるく 720円
◆宇治抹茶あずき 750円
◆トロピカル 780円 (今年限定)

珈琲館のかき氷は非常に手が込んでいます。

一般的な氷削ってシロップかけて終わりのお祭り屋台スタイルではなく、シロップ仕込みや具材のカット、扱っているフルーツの質など、手作りに拘る珈琲館ならではの品になっているので、味は非常に美味です。

ここで一つずつ見ていきたいと思います。


【苺みるく】
どうやら苺をしっかりとシロップで煮込むようで、果肉感が非常に強いです。
シロップというより、苺がゴロゴロ入っているソースになっているので、非常に食べごたえあります。

また、苺と言えば練乳を忘れてはいけませんが、練乳を使った特製シロップが氷に掛けてあるので、苺ソースと相性抜群となっています。

珈琲館のかき氷全般に言えますが、量が多い為何人かでシェアすると丁度いいです。


【宇治抹茶あずき】
こちらも抹茶シロップを手作りしているようで、宇治抹茶のしっかりとした風味や味わいが口の中に広がります。

上にかかっているあずきの量も多く、こちらは練乳が付属しているので、自分の好みで調整できます。


【トロピカル】
2019年の珈琲館夏限定メニューは『ドラゴンフルーツ』をメインに使っていましたが、今回はかき氷にもドラゴンフルーツをメインに、マンゴーやパイナップル、キウイにココナッツなどの、南国をイメージする食材を使ったかき氷がトロピカルと称して登場しています。

全体にドラゴンフルーツソースがかかり、色とりどりのフルーツが添えられ、最後にパイナップルシャーベットが添えられています。

見た目にも綺麗で、インスタ映えすること間違いなしのかき氷となっています。


ですが、ここで悲しいお知らせです。



今年は既に販売終了済み…!?毎年販売している?


かき氷を実施している店舗に確認したところ、今年の販売は8月31日で終了しています。

店舗によってはまだ実施している店もあるようですが、それも今ある食材が無くなり次第終了ということで、どうしても食べたい場合はお店に確認したほうが良さそうです。

また、かき氷は数年前から始まっていると冒頭で伝えましたが、その可能性からすると来年も何かしらかき氷を実施するのではと予想できます。

以前は珈琲屋ということで、珈琲味のかき氷もやっていたようで、毎年何かしらの種類を加えて行っています。
また来年楽しみに待ちましょう。



珈琲館のメニューにはかき氷がある?【まとめ】


如何でしたでしょうか?

珈琲館は珈琲チェーンでありますが、お客様のニーズに答えようと時期に合わせた新商品を定期的に展開しています。

珈琲を飲みに、ランチを食べに行くのも良いですが、一度珈琲館のかき氷を含めた季節限定品を食べに行くのも面白いかと思います。

手作りに拘る店だからこそ、満足のいく美味しい食事やデザートが皆さんを待っていることでしょう。

珈琲館

Posted by tassyon