珈琲館に【ノンカフェイン】の珈琲はある?カフェインレスな珈琲の種類!

2019年9月12日

近年カフェイン摂取による睡眠の質低下や、妊娠中でも珈琲や紅茶を飲みたい妊婦の方に需要が高まっている『ノンカフェイン』なドリンク。


珈琲は健康に良いものとされていますが、一日に何杯も飲んでは、場合によって良くないものへと変わります。
そんな時こそ、カフェインレスな珈琲、紅茶を飲んで健康面にも気を使っていきましょう。

今回はそんな、カフェインに焦点を当てたお話です。




スポンサーリンク

珈琲館で対応している『カフェインレス』な飲み物は?


カフェインレス、ノンカフェイン、デカフェと様々な名称が混合しています。
その意味合いはほぼ同じですが、微妙な違いがあります。


カフェインレス・デカフェとは?

カフェインレスやデカフェと呼ばれるものは、カフェインを完全に無くしたわけではないですが、多くの商品は97%~99%カフェイン除去されたもののことを言います。


ノンカフェインとは?

一方、ノンカフェインというのは、元々カフェインを含んでいないものを指します。

麦茶やルイボスティーなどがその代表なので、正確に言えばカフェインレス珈琲はノンカフェインではないということになります。

では、珈琲館ではノンカフェイン、カフェインレスなドリンクは扱っているのでしょうか?下記4商品がカフェインレスな珈琲です。

◆カフェインレス珈琲
◆アイスカフェインレス珈琲
◆カフェインレスカフェオレ
◆アイスカフェインレスカフェオレ

残念ながら、ノンカフェインと言われるものは置いていないようです。

カフェインレスなものは、珈琲とカフェオレの2種類で、ホットかアイスかの違いでしょうか?
紅茶類に関してはカフェインレス紅茶という商品は無いようなので、紅茶派の方は注意してください。

カフェインレスの珈琲が出た当初は、味もいまいち美味しくないものが多く、多くの方がカフェインレスはまずいという印象を持ったのではないでしょうか?

しかし、近年はカフェインレス珈琲の開発も進んでいるのか、味もカフェインを含んだものと比較しても良くなっています。
個人的には珈琲館のカフェインレス珈琲は普通に『珈琲』として飲めます。

この、『珈琲』として飲めるかがカフェインレス珈琲の重要なところではないでしょうか?
珈琲館のカフェインレス以外のソフトドリンクは? 妊婦の方でも安心して飲めるドリンク一覧!

されど、珈琲は正直好きではないし、カフェインレスの紅茶も無いなら飲むものが無い…という方もいるかもしれません。
そんな方にはソフトドリンクをおすすめします。

珈琲館には13種類のソフトドリンクがあるので、珈琲や紅茶が飲めない方にも安心です。

◆抹茶フロスティ
◆レモネード(ホット・アイス)
◆メロンクリームソーダ
◆メロンソーダ
◆オレンジジュース
◆フルーツミックスジュース
◆ミルク(ホット・アイス)
◆ココア(ホット・アイス)
◆苺ミルクフロート
◆ヨーグルトフロスティ

これらに加えて季節限定ドリンクなども取り扱っているので、それなりに数はあるようです。
カフェインが無いので、ある意味ノンカフェインと言えます。




妊婦の方のカフェイン摂取は一日どれくらいがベスト?


妊婦の方は一日に摂取して良いカフェインの量が300mgと言われていますが、カフェインの含まれている普通の珈琲は140mlで60mgほどです。

量にもよりますが、コーヒーカップ一杯程度の量なら2杯程度までは飲んでも安心と言われています。
カフェインレス珈琲は同量であれば5mg程度と大幅にカフェインがカットされているのが分かります。

朝は普通に飲んで、以降はカフェインレスという流れがおすすめです。




珈琲館にノンカフェインの珈琲はある?【まとめ】


ノンカフェイン、カフェインレス、デカフェと呼ばれる飲み物は数多くありますが、店舗によってはカフェインレス自体扱っていないお店も存在します。

珈琲館ではノンカフェインは無いものの、カフェインが気になる方へはカフェインレス珈琲で対応しているので、機会があれば試してみてください。

最近のは思ったよりも美味しいかと思います。

珈琲館

Posted by tassyon