珈琲館のメニューで【おすすめ】は何がある?各ジャンルのおすすめメニューの紹介

2019年10月17日

珈琲館には珈琲は勿論、フードやデザート類にもおすすめとなるメニューが多く存在します。珈琲豆は購入することも出来る為、家でも珈琲館の味を楽しむことが出来ますが、種類も多いのでどれが良いか悩むと思います。


豆以外は、基本のグランドメニューと期間限定のメニューとありますが、今回はグランドメニューを軸に、珈琲館で取り扱っている『珈琲豆』、『モーニング』、『ランチ』のジャンルから、おすすめメニューを紹介したいと思います。






スポンサーリンク

珈琲館メニューの豆のおすすめはこれ!珈琲専門店自慢の豆!

珈琲館は珈琲専門店という事もあり、何種類か豆を取り扱っていますが、基本10種類と期間限定1種類の計11種類です。

・珈琲館ブレンド
・アメリカン
・炭火珈琲
・陰干し珈琲
・完熟珈琲
・キリマンジャロ
・マンデリン
・エチオピアモカ
・カフェインレス珈琲
・炭火アイスコーヒー
・期間限定珈琲

以上がラインナップとなっています。その中でもおすすめの珈琲を2種類ピックアップしましたので、来店の際は是非飲んでみてください。



【炭火珈琲】

珈琲館=炭火珈琲というぐらい一番人気の珈琲でもあり、珈琲館が力を入れている珈琲です。国産の炭火を使って職人がじっくりと焙煎し、コク深い珈琲に仕上がっています。専用のミルクとブラウンシュガーを使って楽しむ一杯です。


【珈琲館ブレンド】

珈琲館のブレンドということもあり、誰にでも飲みやすい一杯になっています。悩んだらまずはこれからスタートしてみてもいいでしょう。






珈琲館のモーニングメニューのおすすめはこれ!11時までのお得なモーニングセット!

珈琲館はオープンから11時までの間モーニングメニューを実施しています。珈琲とセットで最安500円から楽しめるという事もあり、朝は多くの常連さんで賑わっている印象です。その中でもおすすめのモーニングセットを2種類ご紹介いたします。


【トースト&ゆでたまご】

対象のドリンクとセットで500円(税抜き)と一番安く、多くの方がちょっと食べたい時に注文しています。
トースト一枚とゆでたまごが付きますが、ゆでたまごはミニサラダに変更してトースト&ミニサラダとして注文することも出来ます。


【トースト&スクランブル】

ホテルの朝食で出るようなトロッとしたスクランブルエッグ、トースト、ミニサラダ、ドリンクが付いて580円(税抜き)となっています。スクランブルエッグが非常に美味で、こちらも多くの方が注文している印象です。


モーニングメニューはその他にも、ホットドッグやシナモントーストなどがありますが、それらは通常のメニューにもあるので、ここはモーニングでしか食べることのできないスクランブルエッグが特におすすめです。







珈琲館のランチメニューのおすすめはこれ!11時~15時までのお得なランチメニュー!

最後はランチメニューのおすすめですが、ランチメニューは11時~15時までなっており、15時過ぎでも単品として注文することが可能です。ですが、やはりランチ価格で食べれる時間帯のほうがお得なので、ここはその中でも珈琲館と言えばという商品を紹介します。


【珈琲館ハウスホットサンド】

鶏肉、卵サラダ、レタス、きゅうりがサンドされた珈琲館の代表サンドです。非常にボリュームがあり、パンもしっかりトーストされている食べごたえのあるサンドイッチです。

ホットサンドということもあり、パンはトーストされていますが、これはパンを焼かないでほしいと伝えれば、パンを焼かない状態で食べることも出来ます。その場合非常にふわふわなサンドイッチに仕上がっているので、普段とはまた違った味わいとなっています。


【珈琲館のナポリタン】

珈琲館オリジナルのナポリタンソースを使用し、コク深いナポリタンとなっています。入っている具材はピーマン、たまねぎ、ベーコン、しめじの4種類です。珈琲館の食事は恐らくハウスサンドとナポリタンの2強と言われることもあり、是非食べてほしい商品であることは間違いありません。





珈琲館のメニューでおすすめは何がある?【まとめ】

いかがでしたか?珈琲館のメニューの中からジャンルごとにおすすめメニューを紹介してみましたが、勿論これら以外の商品も美味しいものがそろっています。

珈琲館は珈琲以外にも力を入れているので、その他の喫茶チェーンと比べてみると、その味の違いに気が付くかと思います。
皆さんもまずは一回珈琲と食事を食べに、近場の珈琲館へ行ってみてはいかがでしょうか?

珈琲館

Posted by tassyon