珈琲館のアルバイトは高校生でも応募可能か?気になるシフトの融通は?

皆さんはアルバイトをする際に重視するところはありますか?

時給が良い、店の雰囲気がいい、通いやすい、やりがいがあるなど、働く側は何かしらを意識して働き口を探すかと思います。
中でも、アルバイト可能な高校生になってから興味のあったアルバイトをやってみようという方も多いかと思います。


特に、喫茶業である『カフェ』に憧れる方は多く、オシャレなカフェで、接客やドリンクを提供する仕事は人気です。
基本的な飲食業は、技術が無くてもできることから、手が出しやすい職種とも言えます。

しかし、高校生だと学校があるからと、採用を断られることもありますが、珈琲館の場合はどうでしょうか?



スポンサーリンク

珈琲館は高校生でもアルバイト可能!シフトや注意するべき点は?

ずばり、珈琲館は高校生でもアルバイト可能です。

余程のことが無い限りは、どんなアルバイトでも高校生は採用されます。
それは、高校生でも大学生でも同様です。

応募方法ですが、下記のやり方で珈琲館へアルバイトの応募をすることが可能です。

珈琲館の公式ホームページから応募。
https://www.kohikan.jp/

近隣の店舗へ電話で直接問い合わせる。


基本的にはホームページから応募するのがスムーズにいくかと思います。
また、自宅や高校の近くに店がある場合は、直接店の方に聞いてみるのもいいでしょう。

しかし、珈琲館に限らず、ここで働きたいと思ったお店は事前にお客として店の雰囲気を見に行くといいです。
従業員同士の雰囲気や、客層、町の治安など、どうせ働くなら良い環境で働きたいものですからね。


では、アルバイトに応募して面接に受かった場合、シフトを決めなくてはいけません。
珈琲館のシフトは店舗にもよりますが、2週間制~1カ月制になっているようです。

店長に自分の希望シフトを提出日までに提出し、入れる日、時間、休みたい日などを伝えます。

大学生の場合ですと、授業の問題から午前中で学校が終わり、午後14時くらいからシフトに入れるという方もいれば、その逆もあります。
ですが、高校生ですとそうはいきません。

高校生は基本的には午前中から15時過ぎまで学校で授業がある為、アルバイトをする際は夕方からという方が多いです。
土日や祝日は予定が無い為、そこでガッツリ働いて稼ぎたいという方もいますが、入りたての頃はいきなり沢山のシフトを任されるかどうかは店長次第です。

加えて、高校生は夜22時以降働いてはいけない為、一日に入れるとしても平日は5時間~6時間程度が限界でしょう。

また、就業する場合は髪色やピアス、爪の長さ等、衛生面も事前にチェックされるため、清潔感をもって面接することを忘れずにしましょう。



アルバイトの内容は?どんな仕事を頼まれる? 

肝心の珈琲館の仕事ですが、下記のようになっています。

1.お客さんの接客(席への誘導、お冷提供、オーダー確認、オーダー提供、レジなど)
2.清掃
3.フード作成
4.ドリンク作成

飲食店らしい内容ですが、スターバックスやドトールと違い、珈琲館はフルサービスのカフェなので、お客さんが入ってきたら席まで誘導しなければいけません。

その際に人数の確認、煙草を吸うか吸わないかなども忘れずに。

その後、お冷を提供し、オーダー受注~オーダー発注、オーダー提供、中間サービス、レジ、片付けとやることは非常に多いです。
普段自分がお客さんとして飲食店に入ると、店員さんが対応してくれますが、基本はそれと同じことをやるのですが、これが慣れるまで難しいです。

普段何気なく受けているサービスは、店員さんたちの努力のたまものというのを実感しますが、覚えないことには仕事を任せられず、シフトに入れなくなる可能性もある為、頑張って覚えていきましょう。

また、高校生は夕方からシフトインすることが多いため、店の閉店業務をやりながら、上記の接客をやっていかないといけません。
同時進行で沢山の仕事をしなければいけない為、最終的には考えるよりも手が動くというレベルにならないと大変だと思います。

しかし、これらの仕事がしっかりできるようになれば、次は後輩の育成、フードやドリンクの調理など一歩、二歩上の仕事を任されるため、時給UPなども望めますし、大学生になってからも働くことで、店の先輩として頼もしい『戦力』になることも夢ではないです。

どうせ働くなら、「○○さんがいるから大丈夫!」と言ってもらえるような人を目指したいものです。


珈琲館のアルバイトは高校生でも応募可能か?【まとめ】

高校生という括りの中で仕事をする際は、どうしても勤務時間が夕方からという縛りがある為、なかなか採用されにくいのが現実です。

まして、初めて面接する際は緊張も凄いですし、緊張のあまり笑顔が無く、声も小さく普段通りの自分を出すことも出来ないでしょう。

ですが、面接とはどんな人かというのを見せる場です。
面接する側も、高校生が来たら緊張してるだろうと踏んでいますので、最初に緊張している旨を伝えることで、リラックスして話せるよう雰囲気を作ってくれる店長もいる為、物おじせずに自分を魅せていきましょう。

珈琲館

Posted by tassyon