マックポテトはアレルギーがあっても食べられる?原材料は?

2019年6月25日

なんだかむしょうに食べたくなる、マクドナルドのポテト。
子供から大人まで、みんな大好きですよね。


とってもおいしいマックポテトですが、アレルギーがある方は気をつけないといけないのでしょうか。
この記事では、マックポテトのアレルギー情報について調べてみました。




スポンサーリンク

マックポテトの原材料は?アレルギーの方も大丈夫?

マックポテトの原材料は、100%じゃがいもとふりかける塩のみです。

ポテトには、じゃがいもから作るタイプとマッシュポテトを成形して作るタイプのものがあります。マッシュポテトを成形して作るタイプのポテトだと、小麦や乳アレルギーの方は、食べることができない可能性が高いです。

しかし、マックポテトは、じゃがいもだけをカットして作っていて、ふりかけているものも塩のみですので、小麦や乳アレルギーがある方でも安心して食べることができます。


ただ、あまりいないと思いますが、じゃがいもそのものにアレルギーがある方は食べられませんので要注意です。


普通のマックポテトの原材料は、多くの方がアレルギーに関しては大丈夫な可能性が高いですが、注意が必要なものは、シャカシャカポテトです。


シャカシャカポテトは、いろんな味のフレーバーをマックポテトにふりかけて食べるポテトです。このフレーバーに小麦や乳成分を含むため、小麦、乳アレルギーがある方は、食べることができません。



マックポテトの揚げ油

アレルギーのある方は、マックポテトを揚げる揚げ油も気になるところです。

もし、ナゲットやフライ類と同じ揚げ油を使っていると、油に小麦の成分が流れ出しマックポテトに付着するので、小麦アレルギーのある方は食べられない可能性が高いです。

しかし、マクドナルドのポテトは、専用のフライヤーと揚げ油を使用しています。

小麦アレルギーのある方でも安心して食べることができます。
ただ、揚げ油には牛肉・大豆由来の成分を使用しているため、牛肉・大豆のアレルギーがある方は食べることができません。


マックポテトのアレルギー成分

マックポテトのアレルギー成分は、マクドナルド公式サイトで調べることができます。
手順は次の通りです。

1.見えるマクドナルド品質を選ぶ
2.アレルギー・栄養・原産国情報を選ぶ
3.商品から調べるを選ぶ
4.マックフライポテトを選ぶ

以上のように、マックポテトのアレルギー情報を確認することができます。

また、3でアレルギー情報一覧から調べるを選ぶと、マクドナルドの全商品のアレルギー情報の一覧を確認することができます。マクドナルド全商品のアレルギー情報が知りたい方は、一覧を確認したほうが早いですね。

複数のアレルギーがあって、マクドナルドで何を食べることができるのか知りたいという方には、アレルギー物質から商品を検索することも可能です。
上記の3のページで、アレルギー検索はこちらを選んでください。指定のアレルギー物質を選ぶと、アレルギー物質を含んでいない商品の一覧が表示されます。

また、店舗でもアレルギー情報を確認することもできます。

マクドナルド公式サイトはこちら
http://www.mcdonalds.co.jp/





マックポテトはアレルギーがあっても食べられる?原材料は?【まとめ】

マックポテトは、原材料はじゃがいも100%なので、小麦や乳アレルギーの方は安心して食べることができます。しかし、シャカシャカポテトなどのフレーバーがかかったマックポテトは、フレーバーに小麦・乳・大豆を使用していますので、注意してください。

揚げ油に牛肉・大豆の成分を使用していますので、牛肉・大豆にアレルギーがある方は、食べることができません。
アレルギーがある方は、何を食べることができるのか、不安に思うことも多いと思います。

マクドナルド公式サイトなら、アレルギー物質から食べられるものを調べることができます。アレルギーがあるからマクドナルドは食べられないと諦める前に、一度公式サイトでアレルギー情報を調べてみてください。

もしも、マックポテトを食べてアレルギー症状が出たり、体調に異変があった場合は、すぐに医療機関を受診し、マクドナルドに問い合わせをしてくださいね。