くら寿司はアレルギーでも楽しめる?うどんやカレーも知りたい

回転ずしチェーン「無添くら寿司」は大人から子どもまで大人気のお店です。
優しいお寿司が好評のお店で、安心して何度も行ける回転寿司です。

くら寿司ではカレー、ハンバーガー、ラーメン、うどんなどのたくさんの人気メニューがあるにも関わらず、アレルギーのある子どもでも楽しく食事ができると評判です。
アレルギーのある人にとって外食はとても難しいことです。



くら寿司でアレルギーのある人はどうやって食事をしているのでしょうか。
くら寿司の優しいおもてなしについて調べてみました。



スポンサーリンク

くら寿司は四大添加物が無添加で安心

くら寿司では、お寿司だけでなく、ガリや醤油、酢、ダシなど、店舗で取り扱う200種類以上のすべての食材において四大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)を使用していません。

いろいろな惣菜やパフェなどのサイドメニュー・デザートも四大添加物無添加です。

飲み物にもこだわり、果汁100%のジュースや緑茶、日本酒など、独自に開発した四大添加物無添加の商品を扱っています。

でも保存料などを使わないのは身体にいいことだと分かりますが、保存性は大丈夫なのかどうか、きちんと食材が管理されているのかということが気になります。

くら寿司では、添加物、生菌数、アレルゲン、栄養成分等70項目以上に渡るデータ管理を行っていて、常に私たちが安心して食事できるよう管理されています。
添加物が無添加だから子どもに何度食べさせても大丈夫。

くら寿司なら安心して楽しく食事ができます。


くら寿司は、アレルギーのある方に優しい取り組みを行っている

くら寿司では「アレルゲン・カロリー情報」「食材の原産地情報」を公式ホームページ上に掲載しています。

更新は定期的に行われているのでとても安心してお店を利用できます。

アレルギーのある方には特に、「くら寿司 アレルゲン・カロリー情報」を見てからお店を利用することをおすすめします。

こちらではメニューごとにアレルゲン情報が提示されていて、1皿ごとのカロリーも載っています。
また、「くら寿司 原材料・原産地情報」を見れば、1皿ごとに原材料名とどこからきた食材かということが分かってとても安心です。

透明性の高く、信用性の高いお店ですね。
食べ物の商品の仕入れから店舗での販売まで、責任を持って管理されているということがよく分かります。


アレルギーがあっても食べられた!

乳製品のアレルギーの方は多いですが、そういう場合は大抵バニラアイスクリームは食べられません。
「バニラのアイスクリームが食べたいけど食べられない」という子どもはたくさんいると思います。

でもくら寿司の「なめらか豆乳アイス バニラ」は乳製品不使用!
これならみんなと一緒にアイスクリームが食べられます。

しかもとってもなめらかなバニラ味で美味しいです。

ただ大豆を使用しているので大豆アレルギーのある方は注意してください。
また、乳製品不使用のデザートメニューは他にも「京わらびもち 豆乳アイス」などがあります。
アイスはお持ち帰りもできるので、たくさん持ち帰る人もいるようですよ。

他にアレルギー品目該当なしのデザートメニューは、

・いちごシャーベット
・完熟アップルマンゴー
・巨峰シャーベット
・メロンシャーベット

などがあります。

子ども達がくら寿司でお寿司の次に楽しみにしているのは何と言ってもサイドメニューやデザート。
アレルギーのあるなしに関わらず、楽しく食事をしてもらいたいものですね。


アレルギーがあっても、美味しいスイーツは食べたいもの。

お寿司はアレルゲンがあるかどうかパッと見で分かることが多いですが、他のメニューは「くら寿司 アレルゲン・カロリー情報」を見てチェックすれば一目瞭然。
アレルギーがあるから外食はちょっと……という人も、くら寿司なら安心して食べることができます。
普段コレは食べられないけど、くら寿司なら食べられた!という人も多いようです。
新鮮で美味しく、安全なお寿司を食べたいから、きちんとアレルゲン情報を公開してくれているくら寿司を利用してみてはいかがでしょうか。