ロッテリアでsuikaは使える?現金以外の支払方法は?

日頃、駅の中やその周辺、ショッピングモールで目撃をするロッテリアですが、みなさんは普段どのように支払いをしているのでしょうか。

特に現金を持たずにキャッシュレスが進む今の時代にどのように支払いをしているかといいますと多くの方はsuikaをはじめとする交通系ICやpaypayなどのスマホ決済を利用しているのではないでしょうか。


今回は人気を誇るロッテリアでどのような支払い方法があるのか見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

ロッテリアについて

ロッテリアとはマクドナルドやモスバーガー、ケンタッキーなどと並ぶ人気があるファーストフード店の一つです。ロッテリアといえばシェイキやバケツポテトなど他には売って無さそうなものが販売されています。

ロッテリアは多くは駅の近く、駅の中またはショッピングモールの中でよく見かけます。

最近ではタピオカが流行しているのにちなんでカラフルなタピオカを販売されていることで話題になっています。しかし、マクドナルドなどと比べて店舗数がかなり少ないので街中で見かけることがあんまりありません。

そんなことには屈さず0がつく日にはポテト半額やシェイキ半額、野球の千葉ロッテが優勝したりした時はかなり安くなりますね。実際に私の自宅の近くのロッテリアでは午後4時以降は学生証の提示をすればポテトや飲み物だけではなく、ハンバーガーまでもが100円で食べることができるというサービスもあります。サービス精神旺盛のファーストフード店ですね。


ロッテリアでsuikaが使えるのか。

さぁ本題に戻りましょう。ロッテリアで交通系ICのsuikaが使えるのか。結論を言いますsuikaは使うことができます。

Suica以外にも全国の交通系ICがロッテリアでは使うことができます。例えば福岡県で言ったらはやかけんなどを使うことができます。

全国のお店ではSuicaを使うことが可能になっています。

なぜSuicaが使えるのかというとたぶんロッテリアのお店の出店の立地ではないでしょうか。何度も言っているようですが、駅の中や駅の近くでよく見るロッテリアです。駅での利用者はほとんどがSuicaなどの交通系ICを利用しています。

交通系ICを使えることで会社帰りなどの駅を利用した時に寄って行けるように仕向けているのではないでしょうか。交通系ICが使えるだけでうれしいサービスです。




ロッテリアでの可能な支払い方法は?

ロッテリアでの支払い方法は以下の通りです。

現金
電子マネー(楽天EDYIDなど)
クレジットカード
交通系IC
プリペイドカード(LINEPAYカードなど)
Tポイント

主にこの6つです。

特に電子マネーの楽天EDYが使えるのでとても便利ですね。ファーストフードの中ではかなりの多い支払方法ではないでしょうか。

交通系ICで支払うことができるので駅の帰りに寄るのも良いですね。また、財布の中が重ならず綺麗にできるので嬉しいですね。




ロッテリアでsuikaは使える?現金以外の支払方法は?【まとめ】

ロッテリアでsuikaが使えるのかを見ていきましたが、ロッテリアでは支払方法が豊富ですのでもしも、現金がないときにとても頼りになりますね。もし、現金がなくておなかがすいてしまったときはロッテリアが一番のおすすめです。

全国のロッテリアでの使用ができるので旅行していても財布の中が重ならずに会計ができるのでとても楽です。

これからもこのような支払い方法が充実しているファーストフード店が増えればと思います。ほかのファーストフードでもこのように支払い方法が充実することがどんどん多くなっていくのではないでしょうかとても楽しみですね。ロッテリアを見つけたら、是非、交通系ICで召し上げってください。