ロッテリアのカロリーが少ないメニューとはどんなもの?

女性の皆さんが日々気にしているのはカロリーのことではないでしょうか。
最近では女性だけではなく、男性にもカロリーを気にする方がどんどん増えてきています。


そんな方々はどこに行くのにもカロリーを確かめるのではないでしょうか。
私自身、カロリーのことが気になってしまいつい、カロリーの場所を見てしまうことがあります。

このカロリーについては日本国内だけではなく、全世界の女性が一番に心配していることなのです。

そんな今回は海外にも進出している有名なファーストフード店のロッテリアのカロリーについて見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

ロッテリアのカロリーが少ないメニュー

ロッテリアのカロリーが少ないメニューといえばやはり「ウーロン茶」などの飲み物に限りますが、やはりロッテリアに行っている以上ハンバーガーやサイドメニューも食べたいですのですね。

ここではハンバーガーとサイドメニューそれぞれカロリーが一番低いメニューを紹介していきたいと思います。

まずはハンバーガーのなかでカロリーが一番少ないのはロッテリアの定番でもあり、看板メニューでもある「ロッテリアハンバーガー」になります。

カロリーはダントツに低いのですが、もう一方の看板メニューでもある「ロッテリアチーズバーガー」もカロリー低いです。
それぞれ定番のトッピングなので油なども入ってなく逆に野菜を取ることができます。

サイドメニューで一番少ないのは「からあげっと」です。
からあげっとは簡単にいうと名前の通りからあげなのですが、からあげの原材料は「鶏肉」です。

最近、鶏肉といとやせると言われていますよね。
それもそのはず、鶏肉はもともと鶏肉自体がカロリーが低いのです。

確かにからあげっとも油で揚げていますが、鶏肉のカロリーが低い分油のカロリーが中和されるのではないでしょうか。
ですので、からあげっとはカロリーが少ないのです。

このように「ハンバーガー」と「サイドメニュー」のなかでカロリーが低いのは「ロッテリアハンバーガー」と「からあげっと」ということになります。



ロッテリアのカロリーが高いメニュー

今までカロリーの低いメニューを見ていきましたが、逆にカロリーが高いメニューとは一体どのようなものなのでしょうか。

ロッテリアのカロリーの高いメニューは「エビバーガー」です。
エビバーガーは主にエビで作られますが、エビを油で揚げるためエビ本来のカロリーに加えてのカロリーになります。

ロッテリアの中では確かにカロリーは高いのですが、その商品だけを見るとカロリーは平均的ではないでしょうか。
確かにバーガー類やサイドメニューは油で揚げるのが多いのですが、油本来のカロリーはとても少ないのであんまり影響はされません。

ですが、ロッテリアの中での一番のハイカロリー「エビバーガー」です。
食べる際には気を付けてください。



ロッテリアのカロリーが少ないメニューとはどんなもの?【まとめ】

今回は誰もが気になるロッテリアのカロリーについて書いていきましたが。ハンバーガーはもともとかなりのカロリーがあります。

ロッテリアのカロリーは世間一般的に見たら平均的です。
しかし、女性から見たら高いと思うかもしれません。

カロリーについての情報もロッテリアのホームページに記載されています。
ロッテリアのホームページをみて昼ご飯や夜ご飯のメニューを決めてみてはいかがですが。

カロリーについては何も言えませんが、カロリーを気にせずに食べると味も変わってきます。
カロリーにとらわれずに目の前にあるおいしいものを食べて身も心も元気になってくれればと思います。

楽しい食事ができることを陰ながら見守っときます。