シャカチキの【粉】の種類は何種類か。ポテトにかけたい。単品注文はできるのか。

シャカチキの粉は2種類。シャカチキを頼まずに粉だけ単品注文をしたい。

テレビCMにも使われるシャカチキですが、小腹が減った時やセットのお供に購入しませんか?
お子様が楽しそうに袋をシャカシャカしているのを見ることがあります。


シャカチキを買うとついてくる粉をポテトに振って食べるのが好きな方も多いと思います。
おいしいですよね


最初からそのつもりで紙袋をもらう方もいらっしゃいます。
その分チキンはいらない場合もありますよね。

そのまま食べてもいいですが、物足りなく感じるかもしれません。


「いつでもどこでもシャカシャカポテトを食べたい」そんな人のために、粉の単品購入できるようになっています。
では、どんな種類の味が販売されているのでしょうか?

ここでシャカチキの粉の購入の詳細をご説明していきましょう。


スポンサーリンク

シャカチキの粉の種類は?

通常販売されているシャカチキの粉は2種類あります。
「レッドペッパー」と「チェダーチーズ」です。


単品販売はどちらも1袋30円です。これでいつでもシャカシャカできます。


どの粉も賞味期限が3~4か月程度となっています。袋に記載がありますのでご確認ください。

店内で食べずに持って帰って、家で調理したポテトで食べることもできますね。
買いだめも可能ですね。



またマクドナルドでは年に一度ほど、シャカチキの違う種類のフレーバーを販売しています。
こちらの粉も単品販売されていて、同じ金額となっています。

ここ数年、ずっと期間限定での販売を行っているので、今後も期待できるのではないでしょうか。

参考:これまでに販売したメニュー(マクドナルド公式ホームページ)
https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/archive/




シャカチキ購入時に気をつけてほしい事

最近では、モバイルオーダーやマックデリバリーを利用している方も多くなってきたように思います。

まだまだ発展途上のサービスのように感じますが、簡単に商品を受け取れたり、家まで配達してくれる便利なサービスです。


ナゲットのソースなども同じなのですが、現在これらのサービスでは粉の単品購入ができないシステムになっています。
今後は修正されていくかもしれませんが、ご注意ください。


期間限定の商品は品切れになることが多いので、なるべく早めにお買い求めいただきたいです。
発売日は公表されますが、販売終了日は店舗により変わってしまいます。

せっかく買いに行ったけど、残念ながら無かったとならないように注意してください。


補足ですが初めに「紙袋をもらう人もいますよ」と書きました。
中には「店員さんにもらうの恥ずかしいな」とか思われる方もいらっしゃるかもしれません。

従業員側はその紙袋をどのように使うのかわかりませんから、安心して貰ってくださいね。
だって従業員は、持ち帰る時のために必要なのかなと思いますから。



シャカチキの粉の種類は何種類か。【まとめ】

シャカチキの粉に関してご紹介してきました。
もう少し味の種類があればいいのにと個人的には感じています。

これを読んで「そんな方法があったんだ」と、一人でも知っていただくことができたなら、筆者は書いて良かったと思っています。

そしてこれを機にもっとシャカシャカポテトが浸透してくれると、もっと嬉しい限りです。



粉を本来のシャカチキにかけるもポテトにかけるも皆さんの自由です。


昔のようにシャカシャカポテトとしての通常販売はしていませんが、うまく単品購入していただければシャカシャカポテトを食べることができます。

2種類を混ぜてみてもいいかもしれませんね。
ぜひポテトをお好きな味に変更してお召し上がりください。


筆者も今度久しぶりに食べてみようかと思います。