上島珈琲店で使える支払い方法は?キャッシュレスに対応しているか調査!

近年クレジットカードや電子マネーをはじめとする、キャッシュレス化が急速に進んでいます。

特に飲食店では、衛生面からもキャッシュレスを推奨する動きが感じられますね。


この記事では、全国に100店舗ほどあるカフェチェーンの上島珈琲店で、使える支払い方法を調べました。

どれくらいキャッシュレスが浸透しているのか、対応している種類と共にまとめてみました。




スポンサーリンク



上島珈琲の支払い方法!クレジットカードや電子マネーは使える?

上島珈琲店では、多くの店舗でクレジットカードが使えるようになってきています。
以下の国際ブランドが利用可能です。

・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMEX
・Diners Club

ただし店舗により対応状況が異なるので、詳しくは各店舗にご確認下さい。

またバーコード決済や電子マネーも、8割以上の店舗以上で利用できます。
店舗によりますが、以下が使える電子マネーの一例です。

・PayPay(ペイペイ)
・LINE Pay(ラインペイ)
・d払い
・楽天ペイ
・メルペイ
・au PAY
・楽天Edy
・nanaco
・WAON
・各種交通系電子マネー
・クイックペイ
・iD

クレジットカードや電子マネーは直営店から順次導入されています。

直営店かフランチャイズ店かどうかで違いがあるようですが、今後も対応店舗は増えていくと思われます。



一番お得な支払い方法?プレシャスカードとは?

上島珈琲店で一番お得な支払い方法として、プレシャスカードというものがあります。

UCCグループの店舗で、事前にお金をチャージして使うプリペイド式のカードです。

使うたびにポイントが貯まり、来店回数に応じてランクアップします。

アプリと連携させるとカードレスになり、スマホで支払いが可能です。

クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードとプレシャスカードのポイントの二重取りができます!

発行手数料や年会費はかからないので気軽に作ることができ、リピーターの方は持っていて損はないカードです。



上島珈琲店でクオカードが使える?

これは意外と知られていないのですが、上島珈琲店ではクオカードが使えるんです!

クオカードというと、主にコンビニやファミレスで使えるギフトカードのイメージですよね。
ですが上島珈琲店では、8割以上の店舗でクオカードが利用可能になっています。

使い方はご存じの通り、お会計の際にレジに出してカードを読み取ってもらうだけです。複数枚での使用もできますし、足りない分は現金を追加をして支払っても大丈夫です。

さらにクオカードペイと言われる、デジタル版のクオカードも利用できます。

メールやラインで気軽に商品券を送れるようになり、使えるお店も拡大していますね。

クオカードが使える店舗と、クオカードペイが使える店舗は、異なる可能性があるのでご注意下さい。



スポンサーリンク



上島珈琲の支払い方法【まとめ】

上島珈琲店では多くの店舗でクレジットカードが利用可能です。

さらに8割以上の店舗で、バーコード決済や交通系電子マネーが使えます。

使える種類は店舗によりますが、直営店から順次導入されており、今後も増えていくことが予想されます。

上島珈琲店で使えるお得な支払い方法として、プレシャスカードというものがあります。

UCC独自のプリペイドカードで、事前にお金をチャージして使います。上島珈琲店のアプリと連携させるとカードレスになり、スマホでの支払いが可能です。

クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードとプレシャスカードのポイントの二重取りができます!

上島珈琲店の8割以上の店舗では、クオカードでの支払いが可能です。またクオカードペイと言われる、デジタル版のクオカードも利用できる店舗あります。

店舗により対応状況が異なるので、詳しくは各店舗にご確認下さい。

以上が上島珈琲店での使える支払い方法についてのまとめでした。

想像していたよりも多くの店舗で、電子マネーが導入されていることがわかりました。

私も今回初めて知ったのですが、上島珈琲店でクオカードが使えるとはびっくりですね。

ついつい財布の中で忘れられがちなクオカードですが、コーヒーでほっとひと休みするのに使うのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA