バーベキューの具材の変わり種は何がある?考え方とおすすめ2選を紹介!

皆さんは屋外で食事といえば何を思い浮かべますか?

殆どの方はバーベキューをまっさきに思い浮かべると思います。

祝い事やイベント、家族や仲間たちと遊ぶときなど様々なことにバーベキューを楽しんでいるはずです。



しかし毎度同じメニューだと秋はしなくても少し物足りない、みんなをびっくりさせることがしたいと言うときありませんか?

いつもの具材じゃなく変わり種を用意してあっと言わせたいと思いませんか?

そこで今回はいつものバーベキューと違う具材を使った変わり種の料理を紹介していきたいとおもいます。



スポンサーリンク



バーベキューの定番の具材とは?

バーベキューといえばやはりお肉!という方もたくさんいると思いますが、お肉だけでなく野菜やおにぎりなど定番なものはたくさんあります。

なかには汁物を作りバーベキュー台の上において温める方もいるはずです。

海沿いの近くなら魚介類を購入しそのまま炙ってもいいですね。

ただ焼くだけと言っても地元の名物や好きな味付けを楽しめるのがバーベキューの魅力なんです。



バーベキューの変わり種とは?

皆さんはバーベキューの変わり種といえば何を思い浮かべますか?

変わり種といっても変わったものやゲテモノという意味ではなくテレビやSNSで流行った、ビアチキンという缶ビールと丸鶏を使った豪快な料理を思い出すかもしれません。

しかしバーベキューとは肉がメインではなくバーベキューコンロで焼けば具材は全部メインになるのです!

なので肉だけではなく野菜を使った変わり種料理や魚を使ったものなど様々な具材でいろんなものを作ることができます。
要は相手が想像もしなかったバーベキューの具材を使う、もしくはバーベキューでは使わないような具材を使った料理を出したらいいのです。



バーベキューの変わり種料理を紹介。

変わり種といっても何を作ったらいいんだろう?

そんな方にも簡単に、なおかつふつうに美味しいバーベキューにあう変わり種料理を紹介します!


フランスパンを使ったガーリックトースト

切ったフランスパンにオリーブオイル、にんにくチューブ、溶かしたバターを全体に塗り込み、アルミホイルで包んでバーベキューコンロの上において焼くだけ!

普段食べないガーリックトーストが手軽に食べられ、にんにくの香りで食欲も湧き、バーベキューとの相性もいいので、バーベキューなど大勢で楽しむときにおすすめです!


簡単にできるお手軽チーズフォンデュ

カマンベールチーズの上の部分の白い部分を削る。(このときに外側の白い部分を残しておくと溶けたときに溢れにくくなるので残しておくのがベスト。)

アルミホイルで器を作りカマンベールチーズをいれ、バーベキューコンロの上に置き、チーズがふつふつと溶け出したら、一緒に焼いていたソーセージや、茹でて持ってきていた野菜、パンにつけて完成!

バーベキューは一瞬でおしゃれな雰囲気になります!

他にもたくさんありますが、作る種類によってバーベキューがおしゃれな雰囲気に変えることができ、手軽に作れるので盛り上がること間違いなしです!





スポンサーリンク




バーベキューの変わり種まとめ

バーベキューの変わり種と言っても豪快なものや添え物、おしゃれなど沢山の種類がありますが、具材をかえるだけでもたくさんの変わり種料理をつくることができ、なおかつ仲間たちと大いに盛り上がれます。

普通のバーベキューももちろん楽しいですが、何度もやっていると単純化してしまい、楽しくなくなってしまいます。

だからこそちょっとした手間でいつものバーベキューの具材がいつもとは違う変わり種料理となり、違う具材で一風変わった変わり種料理をつくることで仲間たちから驚愕と尊敬の眼差しを得て、楽しむのはいかがでしょうか?

楽しいですよ?

実際普段ならできないバーベキュー料理を変わり種出だしてみても「嘘でしょ!」「これ作ったの!?」という反応を観るだけでも最高に笑えます。

なのでいつものバーベキューをより楽しむために変わり種料理を出してみてはいかがでしょうか?
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA