コカ・コーラゼロを飲んでも太らないって本当なの?

実はコカ・コーラ ゼロは太らない!です。
その理由が気になりませんか?

コカ・コーラはコンビニで必ず売られているメジャーなドリンクの一つです。
普通のコカ・コーラとコカ・コーラ ゼロが並んでいるとやはりコカ・コーラ ゼロを選びます。


カロリーオフという言葉に関心が高い大人たちなら、なおさらコカ・コーラ ゼロを選ぶでしょう。
この記事ではコカ・コーラ ゼロを安心して飲み続けられるドリンクかどうか検証してみます。


スポンサーリンク

だから太らない!スクラロースとアセスルファムK

コカ・コーラ ゼロのペットボトルについている品名を見ますと、入っている甘味料はスクラロースとアセスルファムKの2つです。
この2つは人工甘味料で、スクラロースは食べても体内にたまらずに体外へ出てしまう性質があります。

だから太らないのです。

またスクラロースは虫歯にもならない甘味料としても知られ、さまざまな食品の甘味料として使用されています。
もう一つのアセスルファムKもスクラロースと同じで、体内にたまらずに体外へ出てしまうため太りません。

コカ・コーラ ゼロは甘いものを飲みたいけどカロリーが気になる人や糖質制限をしている人、虫歯が心配な人にも安心して飲むことができるドリンクだとわかります。



カフェインの効果

甘味料以外にコカ・コーラ ゼロの中に入っているものにカフェインがあります。
カフェイン入りの飲み物としてはコーヒーが最も有名です。

カフェインが多く含まれたコーヒーを眠気覚ましとして飲む人も多いのではないでしょうか。
ランチの後、午後の仕事中に眠くなった経験がある人はいると思います。

コーヒーが苦手な人やコーヒーでは効きすぎてしまう人はコカ・コーラ ゼロを飲んでみてはどうでしょうか。
コーヒーに比べるとカフェインの量が少ないので、過剰摂取にならず眠れなくなる心配がありません。

また甘いものの摂取はストレスを和らげる働きがあります。
眠気が取れてスッキリしたい、ストレスを和らげたい人もコカ・コーラ ゼロで仕事がはかどりますよ。


酸味料のこと

歯の病気で虫歯に次いで酸蝕歯というものがあります。
酸によって歯が溶けてしまう病気です。
コカ・コーラ ゼロには酸味料が入っているので酸蝕歯にならないか心配ですね。

酸味料が入っている食品はコカ・コーラ ゼロ以外にもたくさんあります。
もちろん安全な食品しか国内では流通できないので、心配する必要はありません。

ただし、コカ・コーラ ゼロに限らず、どんな食品も一度に大量摂取したり、だらだらと飲食をつづけたりすると健康被害にあう可能性はあります。
ほかの食品と同じように、食後の歯磨きなど適切な口内ケアをして楽しい飲食をしてくださいね。




ノンアルコールドリンクとして

立食パーティーに車で来場してノンアルコールしか飲めない場合、コカ・コーラ ゼロが置いてあれば、是非飲んでください。

烏龍茶もいいですが、コカ・コーラの方がパーティー感があります。

烏龍茶が好きですか?と聞かれるより、コカ・コーラ好きですか?と聞かれる方が話が弾みそうな気がしませんか。






コカ・コーラゼロを飲んでも太らないって本当なの?【まとめ】

きめ細やかな炭酸とスパイシーで刺激的な味わいで世界中の人たちを魅了してきたコカ・コーラ ゼロですが、人口甘味料を使うことで糖質吸収をコントロールし、結果太らないようなドリンクになっています。

またコカ・コーラ ゼロをアルコールに混ぜて、大人の飲み物としてカロリーを気にせず楽しむことができますし、飲み方に気を付けることで、安全で楽しく飲み続けられる、愛すべきドリンクだと言えるでしょう。