ポカリスエットとイオンウォーターの【意外】な違いとは?

スポーツドリンクでおなじみのポカリスエットですが、ポカリスエットと似たパッケージで「イオンウォーター」という商品があるのをご存知ですか?

イオン ウォーターは、ポカリスエットと同じ大塚製薬から販売されているスポーツドリンクです。イオン ウォーターのパッケージには、“ion water”という文字の下に“ポカリスエット”と記載があります。つまり、ポカリスエットの姉妹商品ということになります。




今回は、ポカリスエットとイオン ウォーターは何が違うのかを調べてみました。

ダイエットや糖質制限をされている方の参考にもなるかと思いますので、ぜひ読んでみてください。



スポンサーリンク

ポカリスエットとイオンウォーターの成分の違いは?

私はポカリスエットもイオンウォーターも飲んだことがありますが、私の好みの味はイオンウォーターです!個人的な感想ですが、飲み比べてみるとポカリスエットの方が味が濃く、イオン ウォーターの味はスッキリしている印象がありました。



では、ポカリスエットとイオン ウォーターでは何が違うのか、まずはそれぞれの成分を比較してみましょう。


ポカリスエット(100mlあたり)

エネルギー 25kcal、炭水化物 6.2g、食塩相当量 0.12g  etc.


イオン ウォーター(100mlあたり)

エネルギー 11kcal、炭水化物 2.7g、食塩相当量 0.10g  etc.

今回は、味の決め手となりそうな糖分(炭水化物)と塩分(食塩相当量)の部分を比べてみました。ここで大きく違うのは、糖分の量ですね。イオン ウォーターの方が糖分の量が少なく、その分、カロリーもポカリスエットに比べて低くなっています。



もちろんそれぞれに含まれている他の原材料などにも若干違いはありますが、ポカリスエットの方が味が濃く、イオン ウォーターがすっきりした味に感じるのは、糖分の量が関係しているのではないかと思います。




イオンウォーターは水代わりとしても飲める?

ポカリスエットは、基本的に熱中症対策など、発汗によって身体から失われた水分を補うための飲料とされています。


スポーツなどでたくさんの汗をかいた時、水分を素早く体内に吸収するためには糖分の働きが重要になってきます。そのため、ポカリスエットには糖分が多く含まれているのです。


それに比べて、イオン ウォーターは糖分もカロリーも少ないため、汗をかいていないシーンでも水やお茶と同じような感覚で飲むことができます。
しかし、人は普段の生活の中で、排尿や排便、また呼吸によっても体内から水分が放出されています。


激しい運動をしていなくても1日に2リットル以上の水分が体内から失われると言われています。つまり水分補給は生きていく上でも欠かせないものといっても過言ではないでしょう。



普段運動をしない人は、糖分の多いポカリスエットをたくさん飲まずに、イオン ウォーターで気軽に水分補給をし、たくさん汗をかいた時はポカリスエットで水分を摂るなど、その時のシーンによって飲み分けるようにすると良いかもしれませんね。



パウダータイプもおすすめ!

イオンウォーターについて、私が個人的におすすめしたいことは、粉末を水に溶かして作るパウダータイプのものがある、という点です。


ポカリスエットにもパウダータイプがありますが、先ほど述べたように、ポカリスエットは運動などでたくさん汗をかいた時の水分補給が目的とされているため、ポカリスエットのパウダーは、1L用か10L用のものしか販売されていないのです。


おそらく、1L用は普段からスポーツをしている人、10L用は運動部など団体で利用する場合を想定して作られているのではないかと思われます。



しかし、イオンウォーターのパウダーは180ml(約コップ1杯)用で、さらにスティックタイプのパッケージなので、オフィスや外出時などでも気軽に持ち歩くことができるのです。スッキリ味なので常温でも美味しく飲むことができます!



ポカリスエットとイオンウォーターの違いは?【まとめ】

自動販売機などではポカリスエットの方が多く販売されており、イオン ウォーターを目にすることは少ないかもしれませんが、糖分が多く含まれているポカリスエットを過剰に摂取すると糖尿病などに繋がる恐れもあります。


また、これからの時期は屋外での熱中症対策は欠かせませんが、クーラーの効いた屋内で過ごしている場合は乾燥が原因で身体が水分不足になることも考えられます。

その時の状況に応じて、適切な水分補給をしていくことを意識していきましょう!