ポカリスエットが太る意外な理由とは?飲み過ぎは危険?

みなさんは普段から運動をしていますか?運動で汗をかいた時、また、これからの時期は熱中症予防などでもスポーツドリンクを飲む機会が増えるかと思います。

スポーツドリンクで思い浮ぶ商品と言えば、アクエリアスやポカリスエットではないでしょうか。私はスポーツドリンクを購入する時、アクエリアスよりもポカリスエットを選びます!理由は、ポカリスエットの方が甘くておいしく感じるからです。

しかしよく考えてみると、甘いということは、それだけ多くの砂糖が入っているのか…?


ポカリスエットは太るのでは!?と不安になり、調べてみることにしました。



スポンサーリンク

なぜ砂糖(糖分)を摂りすぎると太るのか?

私は風邪を引いて熱が出たときにも、水分補給としてポカリスエットを飲むのですが、ある時、風邪にはビタミンCが良い!という情報を真に受け、みかんの缶詰を食べました。さらに何を血迷ったのかシロップまで飲み干しました。

熱で頭がおかしくなっていたのでしょうか…。“ビタミンCも水分も摂れるし、ポカリスエットより効率いいじゃないか!”と思ったのですが、お気付きの通り、みかんの缶詰(しかもシロップまで)なんて、ビタミンCどころか、砂糖を食べているといっても過言ではないのです…。


案の定、家族に「シロップなんて飲んだら太るよ!!」と言われました。


「甘いものを食べすぎると太る」とよく言われますが、では、そもそもなぜ、糖分を摂りすぎると太るのでしょうか?
今回、その理由を調べてみたのですが、体内のメカニズムについては内容が難しすぎたので、かなり端折って簡単に説明させていただきます。


まず、糖分は通常、エネルギーとして脳で消費されたり、肝臓や筋肉に蓄積されたりします。しかし、過剰に摂取してしまうと、消費し切れずに余った糖分が脂質に変化します。

つまり、その時の体内の状態に対して必要以上の糖分を摂ると、脂肪として体内に蓄積されてしまうのです。

…と、かなりざっくりした説明ですが、これが“甘いものを食べすぎると太る”と言われる理由です。



ポカリスエットに含まれる砂糖の量は?

ここで気になるのは、“アクエリアスより甘い”と感じるポカリスエットには、どの程度の砂糖が含まれているかですよね。そこで、アクエリアスとポカリスエットの糖分の量を比較してみました。

 <糖分量>
■アクエリアス :100mlあたり4.7g
■ポカリスエット:100mlあたり6.2g

やはり、ポカリスエットの方が糖分が多いですね。
この糖分の量が、太る原因になっていくのか…?ということについて、考えていきたいと思います。




糖分の役割

ポカリスエットには、アクエリアスよりも多くの糖分が含まれているとお伝えしましたが、決してポカリスエットを否定し、アクエリアスをお勧めするわけではありません。

スポーツドリンクに糖分が入っているのは当然のことなのです。


スポーツドリンクは、汗をかいた時の体内に必要な栄養や水分を補うための飲み物です。


その成分をスムーズに体内に吸収させるためには、糖分のはたらきが重要となってくるのです。つまり、運動などでたくさん汗をかいた時には、水分や塩分と一緒に、糖分も摂ることが大切です。


そのため、ポカリスエットもアクエリアスも、糖分の量やその他の原材料に若干違いはありますが、発汗によって失った水分を補うために適切な成分バランスで作られているのです。


また、単純に「太る原因」として敬遠されがちな糖分ですが、脳にとってのエネルギー源は唯一、糖分だけなのです!そのため糖分を全く摂らないというわけにはいきません。


仕事や勉強で疲れたときに甘いものを食べたくなることも、このことが関係しています。




ポカリスエットは太る意外な理由とは?【まとめ】

ポカリスエットは糖分が多いから太るのでは!?という不安についてですが、あくまでも“必要以上に飲み過ぎた場合”に太るリスクがある、というだけで、運動をした時など、たくさん汗をかくシーンでスポーツドリンクを飲むことには問題ありません。

もし、ダイエットのために運動をしていて、きちんと水分補給をしているのに、その水分補給が太る原因になってしまったら本末転倒ですよね。
ただし、水やお茶などとは違い、スポーツドリンクはあくまでも、汗をかいた時の身体に適した飲み物なので、飲み過ぎには注意しましょう。