幸楽苑で【PayPay(ペイペイ)】が使えない?終了したのはなぜ?

2020年4月から、幸楽苑ではペイペイ払いができるようになっていました。

しかし、4月いっぱいでペイペイは終了し、現在では利用できません。


最近私は幸楽苑に行ったらペイペイでの支払いができなくなっていました!

レジ付近にペイペイのQRコードが見当たらりませんでした。


今までペイペイで払っていたのに残念です。

なぜ使えなくなったのでしょうか。調べてみました。



スポンサーリンク

幸楽苑でのペイペイの状況は?

結論から言うと、ペイペイは2020年の4月いっぱいで終了し、現金払いのみしか対応してません。

※東京の一部の店舗のみクレジットカードや電子マネー対応可能です。



2020年4月1日より幸楽苑では「ペイペイ」が利用できるようになりました。

そして、「幸楽苑」におけるスマホ決済サービスの導入は、「ペイペイ」が初めてでした。



ペイペイでは、4月1日から30日までの間、ペイペイ残高で支払うと、20%のペイペイボーナス(付与上限:2,000円相当/回、3,000円相当/期間)が戻ってくる「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」を開催していました。

このキャンペーンに幸楽苑も、参加したと言うわけですね。




ところが同キャンペーン最終日の4月末でペイペイによる支払いを終了、ペイペイホームページの「ペイペイが使えるお店」からも幸楽苑が消えてしまっています。


たった一ヶ月でペイペイ決済をやめてしまうとは、何か訳があるのでしょう。



なぜ幸楽苑でペイペイは使えなくなったのか?

私の勝手な予想ですが、「4月1日から30日までの間、ペイペイ残高で支払うと、20%のペイペイボーナスキャンペーン」の終了に関係しているのかもしれません。


手数料の関係もあって、幸楽苑はペイペイから撤退したのですかね。

実際、幸楽苑は4月1日から30日までの間しか、ペイペイ払いをすることができませんでした。



幸楽苑はコスト管理を徹底することで、支払い時の重い決裁手数料をカットし、損失を減らしているのだと考えられます。



また、政府が推進しているキャッシュレスポイント還元事業(キャッシュレス消費者還元事業)も関係しているかもしれません。


このキャンペーンは、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、 需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や 消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、 中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援してきました。



そして、このキャンペーンは2020年6月末で終了しました。


6月末でキャンペーンが終了するなら、その時に客のキャッシュレス離れの可能性もあり、幸楽苑はそれを見越していた可能性もあります。



「来年の6月までは、還元でポイントがもらえるから、めんどくさくてもキャッシュレス払いをするけど還元キャンペーンが終わったら、現金払いに戻るのでは」と考えたのかもしれません。



加盟店側からしても、キャンペーンが終了して客が現金で払うようになり、手数料が上がったら、キャッシュレス決済からは撤退することは容易に想像できますね。



また、幸楽苑は東京の一部店舗を除き、現金のみしか対応していない店舗が多いです。

日本ではまだまだ現金を使用する人も多いため、無理にスマホ決済をしない方向に舵を切ったのでしょう。



幸楽苑利用者の声は?

「20%還元の時だけ導入するのはすごい」

「ペイペイで払おうとしたのにつかえなくなってて残念」

「レジでもたもたする人もいるし、レジの定員にとってはペイペイ撤退はよかったと思う」

という声がネット上では見受けられました。



幸楽苑でPayPay(ペイペイ)が使えない?【まとめ】

2020年8月現在、幸楽苑ではペイペイ払いはできません。

これは還元キャンペーン終了に伴って、現金決済に戻しているからなんですね。



幸楽苑に行く時はぜひ現金を持っておいしいラーメンを食べにいきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

幸楽苑

Posted by tassyon