ウーバーイーツでの返金はいつ?手続きや条件について解説!

ウーバーイーツを利用していると、何らかのトラブルが起こることがあります。

特に商品の破損や欠品が多く、注文者は、返金を請求できます。

しかし、いざ返金を請求しようとすると、手続きやいつ返金されるかなど不安もありますよね。


クレジットカードの場合は、1ヶ月後に振り込まれていることが多いようですが、カード会社によっては対応が異なります。

また、返金の条件に当てはまるのかも知っておきたいですね。

今回は、ウーバーイーツでトラブルが起きた時の、返金の方法や手続きなどを解説します。

スポンサーリンク



ウーバーイーツで返金してもらえる条件

料理の品質に問題があった

例えば、汁物を注文した時こぼれていた場合、注文者側は、梱包に問題があったのか、配達パートナーの扱いが良くなかったのか判断できません。

このように、明らかに注文者に否がない場合は、返金の対象になるでしょう。

注文の品物が、不足していた

複数の料理を注文した時に、数量が不足していたり、料理が入っていなかった場合は、返金を請求できます。
その場で不足に気づければ、スムーズに手続きができます。

受け取った商品が注文した物と違っていた

商品は受け取ったけれど、中身が違う商品だった場合も、返金の対象となることがあります。

他人が注文した商品を受け取ってしまった時も請求できますが、まずはサポートセンターへお問い合わせください。

配達が遅れた

ウーバーイーツでは、注文を受けて配達パートナーがお届け先に向かいます。

その際に、配達予定時間を20分以上遅れて到着した場合、代金が無料になります。
お店や配達パートナーに対処できないトラブルやクレームは、返金の対象ではないので、事前に把握することが大切です。

ウーバーイーツからの返金はいつ?請求方法を解説

まず、サポートセンターへ連絡するのですが、どのような理由で返金を請求するのかを整理しましょう。

もし、配達パートナーからの連絡に応じず、配達が遅れたりキャンセルになったら、返金は難しくなります。

返金の条件に当てはまるのか、確認してから請求してください。

次に、注文番号を正確に伝えましょう。注文番号がないとスタッフさんが把握できず、手続きができないこともあります。

その後、サポートセンターから3日以内にメールでお知らせが届くので、返金の請求が通ったら、手続きをします。

返金が認められると、商品の代金がUberクレジットに変換されます。基本的に返金は、現金ではありません。

Uberクレジットという仮想通貨に変換されるのです。その後、再びウーバーイーツを利用した時に使うことができます。

アプリの注文画面に金額が表示され、緑色になっていたら使うことができます。

クレジットカード決済を選択した場合は、カードに返金されますので、後日明細書で確認してください。

ウーバーイーツ経由でサイトから返金を請求する方法

①ウーバーイーツ公式サイトの下の方にある「問い合わせる」をクリックします。
②UberEatsに関するガイドから、「詳細はこちら」をクリックします。
③注文に関するヘルプの項目から、該当する項目をクリックし、状況の説明や写真の添付をしてください。
これで、手続きは完了です。ウーバーイーツからの返答を待ちます。

スポンサーリンク




ウーバーイーツでの返金はいつ?【まとめ】

ウーバーイーツは便利ですが、トラブルが起こることも予想されます。特に、返金の対象となるとシビアですよね。

でも、きちんと手続きをすれば損をすることはないのではないでしょうか。

手続きをしてから返金されるまで、数日かかる場合があります。カード会社のシステム上の都合で、1ヶ月後になることもあります。

ウーバーイーツのアプリやカード明細書をチェックして、返金されているか確認してみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA