マックデリバリーの【支払い方法】は何が使えるの?現金やクレジットカードは使用できる?

マックデリバリーの対象地域の方は、利用を考えている方も多いかもしれません。

家まで配達してくれるうれしいサービスです。筆者は利用できないので残念なのですが。


さて、あなたは支払いの方法をご存知でしょうか。
「店舗と一緒じゃないの」とお思いの方もいるのではないでしょうか。

実は違うのです。店舗で利用できるものより少なく、一部の種類に限られています。

・現金
・クレジットカード
・マックカード

これらが利用可能です。
意外と少ないと思いませんか?


店舗で利用できる決済方法と大きく違う点があるので、詳細と一緒にご紹介していきます。

ぜひ注文前に知っていただき、トラブルなくマックデリバリーを利用していただきたく思います。



スポンサーリンク

マックデリバリー支払い方法の種類

何が支払いに使えるかは既に記載しました。

ここではマックデリバリーではクレジットカードが使えない場合もありますので、詳細をお話していきたいと思います。


①現金

「日本円に限ります。」と書いてありましたので、他国のお金はご遠慮ください。
これは店舗でも同様です。

②クレジットカード

VISA・MasterCard・JCB・ダイナースクラブカードのみの取り扱いになります。
またクレジットカード払いはWEB注文とアプリ注文の場合に限り利用可能です。

※実はマックデリバリーでは電話注文を受け付けているようです。
電話注文の場合には、現金・マックカードのみの利用になります。

電話での注文の詳細は0570-090909でご確認いただきますようお願いいたします。

参考:マクドナルド 宅配エリアを探す
https://www.mcdonalds.co.jp/cservice/list.mcdelivery/

③マックカード

利用される方は少ないかもしれませんが、利用可能です。
利用期限はありませんので、お持ちの方はご利用いただければと思います。



僅かではありますが、一般的な決済方法だと思われます。
ご自分に合った方法で、お支払いをしていただければ良いかと思います。



マックデリバリーの支払い方法!間違いやすい支払い方法

実際に利用できる支払い方法は、おわかりいただけたかと思います。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、マクドナルドの店舗では様々な支払い方法が存在します。
現金だけではなく、クレジットカード・電子マネー決済などが最近の主流かもしれません。


ですが調べてみると、マックデリバリーでは利用できないものが多いのが実状でした。
知らずに間違えて使いそうなものもありますので、追記していこうと思います。

≪使えないもの≫
①電子マネー
②交通系電子マネー
③QRコード決済
④株主優待券
⑤楽天ポイント・dポイント
⑥無料券
⑦各種クーポン

これらの支払い方法は店舗では利用できますが、マックデリバリーでは利用できません。
お間違えの無いようにご注意ください。

また楽天ポイント・dポイントも使うだけでなく、ためることもできません。


参考:よくある質問
https://www.mcdonalds.co.jp/shop/mcdelivery/wos_area.html



マックデリバリーの支払い方法は何が使えるの?【まとめ】

マックデリバリーの利用時に使える支払い方法を挙げてきました。
意外と限定されていて驚きました。

現在は多種多様な決済方法があり、生活が便利になっています。
マックデリバリーも現金やクレジットカードだけではなく、もう少し幅を拡げていくことを望みます。


各種支払い方法が厳しい状態の場合には、Uber Eatsもございます。
こちらの方が支払い方法が幅広いので、もしもの場合などにはこちらもぜひご利用ください。

お休みの日などに利用していただき、快適な時間をお過ごしいただければと思います。