しゃぶ葉の【香味野菜】で日頃の野菜不足を一気に解消!!

ここ数年で急速に成長してきたしゃぶしゃぶの食べ放題である「しゃぶ葉」。皆さんはもうご存知かと思います。経営はあのすかいらーくグループの傘下である「ニラックス」です。

急成長の秘密は大きく分けて二つあります。豊富なコースメニューとバイキングスタイルがそれです。コースメニューはその日の空腹事情とお財布事情を考えて決めることができます。


お肉以外のサイドメニューは全てバイキングスタイルで、ご飯、カレー、うどん、中華麺、たれや薬味に至るまで全て好きに選ぶことができます。その中でも香味野菜はやはり一番人気です。

香味野菜の種類の多さには圧倒されること間違いなしです。そこで今回はしゃぶ葉の香味野菜そのすべてに迫りたいと思います。中身は勿論、美味しく食べる方法やお勧めまでお伝えします。







スポンサーリンク

しゃぶ葉の香味野菜 その内容は?

具体的にしゃぶ葉にはどのような香味野菜が用意されているのか?今からお話ししたいと思います。そもそもしゃぶ葉の香味野菜はしゃぶしゃぶのだしの中に入れて食べられる様に設定されたものです。

鍋に入れる定番野菜は勿論、意外性のある野菜も多く取り揃えております。以下、ご参照ください。
春菊、白菜、大根(スライス)、キャベツ、マイタケ、シメジ、えのき、ジャガイモ(スライス)、レンコン(スライス)、レタス、ロメインレタス、長ネギ(スライス)、白髪ねぎ、木綿豆腐、もやし、キクラゲ、ニラ、筍(スライス)、ター菜、サトイモ(1個)、ヤングコーン、春雨、しらたき、オクラ、オニオンスライス、ミックスキャベツ、ミックス千切り香味野菜など。薬味として、食べるラー油、紅葉おろし、ザーサイ千切り、刻みオクラ、おろしにんにく、おろし生姜、万能ねぎ、柚子胡椒、パクチーなど
これが全て食べ放題です。

どうですか?この品ぞろえの豊富さ。家庭では料理の材料にしかならない野菜も、しゃぶ葉では主役になりえます。そしてこれが全てではありませんし、季節ごとに旬の香味野菜が更に加わります。

どれもしゃぶしゃぶと合うようにカットされているので安心です。お肉だけでは偏ってしまう栄養バランスも、これだけ野菜がそろっていれば全く問題ありませんね。また、薬味はだしやお肉によって使い分けしたり、ブレンドしてオリジナルの薬味を作っても楽しそうです。







香味野菜の美味しい食べ方

だしが煮えてきたらお鍋に入るだけの香味野菜を投入しましょう。その後、お肉をしゃぶしゃぶするのですが、どのお肉とも相性ばっちりなのです。

もちろん、お肉と一緒に召し上がるのが基本形です。中でも私がお勧めしたいのが香味野菜と薬味の紅葉おろしをお肉で巻いて一緒に食べる方法です。全ての食材の旨味がダイレクトに伝わり、絶品です。

しゃぶ葉では鍋に入れる用の野菜と、生野菜のまま食べる野菜とに分けられていますが、好みの問題です。お好きなように召し上がってください。







ひと工夫で更に美味しく

特に根菜類の食べ方ですが、更に美味しく召し上がる方法があります。大根、レンコン、筍といったやや硬めの野菜はしゃぶしゃぶ開始と同時に鍋の中に投入してください。その後はしばらく放置です。

食べごろは一通りしゃぶしゃぶを楽しんだ後です。お肉などのだしをたくさん吸い込んでくれて、とっても美味しいです。







香味野菜を思う存分楽しめるメニュー

「お肉はほどほどにして、香味野菜を思う存分味わいたい」という方の為に、しゃぶ葉では素敵なコースがあります。


それは「お肉3皿付き、お野菜食べ放題セット」です。¥1099(税抜)で、お肉3皿と上述の香味野菜を好きなだけ食べることが出来ます。しかし、このコースは平日ランチ限定です。時間調整の上、お出かけください。






しゃぶ葉の香味野菜で日頃の野菜不足を一気に解消!!【まとめ】

香味野菜は人間が生きてゆく上で必要な栄養素です。しかし、日々の食生活の中に取り入れるのは難しいですよね。それがしゃぶ葉では楽しく、美味しく、たくさんの香味野菜を一度に摂ることが出来るのです。


また、食べ方を工夫することでより美味しく食べることが出来るのです。普段あまりお目にかからない野菜類もここでは食べ放題です。野菜嫌いのお子様も、抵抗なく食べられるのではないでしょうか。