ケンタッキーのラストオーダー時間は?時間に合わせて調理してくれるって本当?

ファーストフードって手軽だし、頼んでからすぐ出てくるから時間がない人にとっては結構便利ですよね。
しかし、閉店ぎりぎりに行くとお目当ての商品がなかったり、ラストオーダー終了で購入でいなかったりなんてことも。



ケンタッキーのラストオーダーが閉店何分前なのか、夜遅くても商品を購入するにはどうすればいいのか、夜遅くのドライブスルーでも受け取れるのかなど、疑問は尽きません。

そんな疑問を徹底調査してみました。


スポンサーリンク

ケンタッキーのラストオーダーは何時?

「ファーストフードなのにラストオーダーがあるの?」とも思いませんか?
また人によっては24時間営業だと思っている人もいます。


ちゃんと店舗によって差はありますが開店時間と閉店時間があります。


例えば、ショッピングモールなどに入っている店舗では建物自体の閉店時間に合わせてあったりもします。

その場合のラストオーダーは閉店の30分前が妥当です。
閉店30分前にドリンク以外の商品の販売を終了します。


ドリンクでも、ホットコーヒーなどは洗浄していたりすると時間がかかる場合もあります。
一方で、独立している路面店ではラストオーダーを設けていない店舗がほとんどです。
閉店ぎりぎりまで売り上げの様子を見ているでしょう。


ケンタッキーのチキンは何時で売り切れる?

オリジナルチキンを含め、その他のチキン、サンド類などが売り切れるということはほとんどありません。

しかし、ラストオーダーや閉店5分前などぎりぎりも時間に行ったとき、調理済みのチキンが用意されていないときは販売終了になっていたりもします。

「注文されてから作るのでは?」と思うかもしれませんが、オリジナルチキンは生の鳥肉に粉をつけるとこから始めるので30分はかかります。
チキン以外の商品だと、その店舗の調理器具にもよりますが、ビスケットは9分、ミニアップルパイは13分、クリスピーは8分ほどかかります。

だからある程度の量を一気に調理し、販売有効時間を計り保温しておくのです。


じゃあいっぱい作っておけばいいのに、とも思いますよね。

しかし、販売有効時間を過ぎても売れ残っていたり、閉店時間になっても残っていると「ロス」になって全部廃棄されちゃうんです。
従業員が持って帰ったりもします。
そのロスになった分を数えて責任者が記録として本社に送るので、なるべくロスを減らすようにその日の売れ方を図っているのです。


ちなみにコールスローサラダやコーンサラダを業者から仕入れている場合は売り切れで買えないときもあります。



ケンタッキーで夜遅くに買う方法は?

これは予約しかありません。
運が良ければ予約なしでもある程度の量を買える時もあります。

しかし、それは店長やマネージャーのコントロール次第なので確実性はありません。
ケンタッキーでは電話予約も受け付けているので、注文の量にもよりますが10分あれば用意できます。

夜遅くてラストオーダーや閉店もぎりぎりになっちゃうようなときは、受け取りの30分前には電話したほうがいいでしょう。
何日か前でもその日でも直接店舗へ出向き、カウンターで予約をするのもできます。

この方法でお会計をその時に済ませば、受け取りに時間もかかりません。

予約をして商品を受け取るときはドライブスルーでも問題ないです。
閉店まで利用できますし、すぐに受け取れるし楽でいいと思います。


予約に関していうと、オリジナルチキン9ピース以上なら「揚げたて」で注文することもできます。
これは受け取りの30分前には予約しないといけません。

予約せずに揚げたてを注文すると30分待つようになりますからね。
もしかしたら「今揚げてますから10分でご用意できますよ。」と言われるかもしれないです。

時間があらかじめ決まっているなら「18時」や「19時半」と時間指定すればそれに合わせてくれます。




ケンタッキーのラストオーダー時間は?【まとめ】

夜遅くても売れ残りではなく、出来立てでおいしいものを食べたいですよね。
ラストオーダーや閉店時間の最低でも30分前には予約するといいでしょう。

また、ラストオーダーや閉店時間はその地域や店舗によって異なりますので、行くところの時間は調べておいた方がいいと思います。
ラストオーダーや閉店時間に限らず、大量の注文をする際は事前に予約しておくと長い時間待たなくて受け取れるので予約するのがお勧めです。