ケンタッキーはデリバリーできる?時間や料金についても調査!

ケンタッキーの広告やCMを目にするとチキンが無性に食べたくなりませんか?
でもわざわざ支度をして外に出るのはめんどくさいですよね。


外は暑かったり寒かったり雨が降っていたり、子供がいるから外に出られない場合だってあるかもしれません。
そんなときに便利なのがデリバリーしてくれること!

ここではケンタッキーをデリバリーする際の方法や時間、金額についてをまとめています。



スポンサーリンク

ケンタッキーはデリバリーできるの?

ケンタッキーはデリバリーできます!
今はスマホがあれば頼んだものを配達してくれる便利なアプリなんかもあります。

実はアプリの配達に限らずずケンタッキーの一部の店舗はデリバリーにも対応しています。
しかしこれはほんの一部の店舗に限られています。

また、その店舗に配達可能エリアが設けられているため、エリア外だと配達不可能です。
最寄りの店舗がデリバリー可能かどうかはケンタッキーの店舗検索でわかるようになっています。



ケンタッキーのデリバリーの注文方法は?

デリバリーのメニューに関しては店舗に出向いて注文するのとほとんど変わりません。
ただ、ドリンクなどはペットボトルや紙パックでの配達になるので、ドリンク付きのセットだったりは多少変わってきます。

これらの一部を除いてセットやパックの値段は通常のメニューと同じです。
KFCネットオーダーに関しては支払いはクレジットカード決済のみとなっているのでそこも注意しなければいけません。

また、デリバリーできる店舗だとしても電話注文のみでネットオーダーによるお届けサービスを実施していないところがあります。
これは店舗検索、もしくは実際に店頭へ電話し聞いてみるしかありませんね。

デリバリーはPontaポイントが付与されないのでポイントが惜しい場合は直接買いに行くしかないです。



ケンタッキーのデリバリーの料金は?

ケンタッキーのデリバリー自体は注文の合計金額が1500円から可能となります。
また、デリバリー料金として300円かかるということも頭に入れておきましょう。
最低でも1500円+300円=1800円はかかるということです。

ケンタッキーは公式のデリバリー以外でも配達はしてもらえます。
Uber Eats、楽天デリバリー、出前館なんかが利用できます。

これらはそれぞれで配達料などは変わってきますが、自分の住所からの範囲内にケンタッキーがあれば配達してもらえます。
特にUber Eatsは初回限定の1000円引きクーポンがあるので利用して損はないですね。

楽天デリバリーなどは100円や200円でポイントも付くのでお得感はあります。

また、配達やデリバリーアプリを使う場合はケンタッキーのクーポンは使えないです。
ケンタッキー公式ストアのデリバリーならネットオーダー限定のセットなども用意してあるので目当てのものに合えば多少安く購入できるかもしれません。


デリバリーの注文が可能な時間は?

ケンタッキーの公式で頼む場合、デリバリーできる時間は店舗によってかなり変わってきます。

例えば東京都新宿南口店なら
平日/11:00~21:00(ラストオーダー 20:00)
休日/11:00~21:00(ラストオーダー 20:00)

東京都秋葉原店なら
平日/17:00~21:00(オーダーストップ 21:00)
休日/11:00~14:00、17:00~21:00(オーダーストップ 21:00)

大阪府池田店なら
平日/16:00~21:30
休日/11:00~21:30(オーダーストップ 21:30)

このように、これは都道府県に限らず同じ県でも店舗によって違いがありますので、これも店舗検索で確認してみるといいですね。
配達ではバイクと自転車を利用しているみたいです。

注文から到着までは場所や気候なんかでもだいぶ変わってくるのでそこはお店に電話で聞くか頼んでみないとわからないところではあります。



ケンタッキーのデリバリー注文について【まとめ】

ケンタッキーでのデリバリーに関するいろんなことをまとめてみました。
ケンタッキーのお届けサービスネットオーダーに対応している店舗はかなり少ないです。

かなり便利な機能ですからデリバリー可能な店舗が増えるといいですね。
注文は料金や時間に気を付けるか、または公式以外の配達アプリなんかも利用してみるといいでしょう。

これで快適な家の中でおいしく食事ができますね。