ケンタッキーのチキンを温めなおす方法!【意外】な方法に驚愕!

ケンタッキーって値段も高いし油ものだけど、ふと食べたくなる時ってありませんか?
食べたくなってお店に行ったらいろいろと迷って買いすぎちゃうなんてことも。

食べきらない分は翌日に食べればいいですが、やはり味や食感が変わっちゃいますよね。



そんなときのためのオリジナルチキンやそのほかのサイドメニューのおいしい温めなおし方をご紹介します。




スポンサーリンク

ケンタッキー・オリジナルチキンの温めなおし方

やっぱりケンタッキーといったらオリジナルチキン。
実はオリジナルチキンの温めなおし方は、商品を買ったときに入れてもらう箱や紙袋の側面に書いてあります。



ケンタッキー・オリジナルチキンをオーブントースターで温めなおす方法

アルミホイルに包み180℃~200℃で5~8分

ケンタッキー・オリジナルチキンを電子レンジで温めなおす方法

無包装のまま1個につき
500Wの場合…30秒~1分
1000Wの場合…20秒~40秒

とあるんです。
知らなかった方は次回購入時に見てみてください。
この通りにやれば普通においしくはなります。



ケンタッキーのオリジナルチキンは衣も中身もジューシーで柔らかいのが特徴なので特に電子レンジなら時間も早く柔らかくできます。
電子レンジで温めると柔らかさは保たれますが、温まりきらないときもあります。

骨の周りとかは温まりにくいです。

では、オーブントースターはというとなんといっても時間がかかりすぎます。
アルミホイルに包むことで温まるのに時間が必要になってしまうのです。

一方で包まずに焼けば1個につき1分~2分ほどで温まります。
衣もサクサクカリカリなので食感が楽しめます。

しかし、包まずに温めることで油が下に落ちて、衣はサクサクでも仲のお肉がパサパサしちゃうんです。
油を控えたい方はいいかもしれませんね。

ただどうしてもお肉自体はが固くなっちゃいます。



私のおすすめは、500Wの電子レンジでチキン1個につき1分ほど温め、そのあとにオーブントースターで包まずにアルミホイルを下に敷いて30秒~1分温めます。

この方法だと、電子レンジで全体的に温まり、オーブントースターで余計な脂が落ち、衣はサクサクに、お肉も均等に温まります。
揚げなおすのもいいですが油の摂取量がすごくなっちゃうのでこれはやめた方がいいです。



ケンタッキー・期間限定チキンの温めなおし方

期間限定のチキンで人気なのはレッドホットチキンですね。
ハニーチキンや旨塩チキンなんかもありました。

これらの期間限定のチキンは衣がパリパリカリカリしているものが多いです。
その食感のために購入する方もいます。



これらの期間限定販売のチキンもオリジナルチキンと同様です。
電子レンジでも温まるが表面だけだったり、オーブントースターだと時間やパサつきが気になったりします。

やはりおすすめなのは電子レンジとオーブントースターの両方で少しずつ温めること。
衣の食感を優先して楽しみたい方は包まずにオーブントースターだけでもいいと思います。

魚焼きグリルでもカリッと仕上がります。
しかしこれは焼きすぎると固くなりますので確認しながら様子を見て焼かなきゃいけないです。


ケンタッキー・サイドメニューの温めなおし方

サイドメニューで温めが必要なのはクリスピーやビスケット、ポテトなどでしょうか。
クリスピーはチキンですが1日経つと温めても固くなっちゃいます。

その日に食べてほしいですが、どうしてもという場合はアルミホイルに包んでオーブントースターがいいでしょう。
電子レンジでもいいですが、衣がふにゃふにゃでクリスピー感がなくなっちゃうのでおすすめはできないです。



ビスケットやアップルパイなどは500Wの電子レンジで30秒前後温めればふわふわになります。
ビスケットが包んであるラップは外さなくてもいいですが、口を開けないと水蒸気でびしゃびしゃになっちゃうので外すか口を開けるかした方がいいです。
焼きたてのサクサク感が欲しい方はオーブントースターでもいいと思います。

ポテトは揚げなおした方が揚げたて感が取り戻せます。
電子レンジだとふにゃふにゃになっちゃいますのでおいしくないです。
オーブントースターの場合は、下にアルミホイルを平らに敷いてその上にまばらに置いたらちゃんとおいしく温まります。



ケンタッキーのチキンを温めなおす方法!【まとめ】

チキンやサイドメニューなんかを温めるときはそれぞれに合わせた温め方をするのがいいと思います。
もちろん温めなおすよりも買ったその日に食べきっちゃうのがいいのは間違いないです。

やっぱりせっかくならおいしい状態で食べた方がいいです。
温めなおす際は油や熱などによる火事には気を付けてくださいね。