ケンタッキーで【ダイエット】はできるのか?カロリーの低いメニューとは?

さぁ、今日もケンタッキーについて記事を書いていきますよ!ケンタッキーってカロリーが高いイメージがありますよね。

私と同じように「最近太り気味でダイエット中だけど、ケンタッキーを食べたい!」と自分の食欲と葛藤している方のために、ケンタッキーでダイエットはできるのかについて、今回は調べていきます。


先に結論をお伝えしますが、残念ながらケンタッキーのメニューでダイエットをするということは難しそうです。

その理由について、これから説明します。




スポンサーリンク

ケンタッキーでダイエットはできるのか?ケンタッキーの主要商品とは何か

ケンタッキーにはたくさんのメニューがありますが、主要商品といえるものは下記のようなものがあります。
・オリジナルチキン
 ケンタッキーの看板メニューです。11種類のスパイスが特徴の骨付きチキンです。

・骨なしケンタッキー
 オリジナルチキンの骨なしチキン版です。オリジナルチキンと比べるとパサつきがあります。

・カーネルクリスピー
 サクサク衣が特徴の骨なしチキンです。むね肉を使用しています。

・チキンフィレサンド
 ケンタッキーのサンドいえばコレです。ドレッシングとフィレ肉との相性が抜群です。

・和風チキンカツサンド
 和風ダレを付けたカツが特徴のサンドです。ソースのにおいが食欲をそそります。

・ペッパーマヨツイスター
 カーネルクリスピーと野菜やソース類をトルティーヤで巻いたヘルシーな商品です。

・てりやきツイスター
 ペッパーマヨツイスターのてりやき味版です。一部店舗では販売していません。

・フライドポテトS
 セットには必要不可欠のサイドメニューです。厚切りで食べ応えがあります。

・コールスローS
 栄養バランスを考えると、チキンとともにサラダも合わせて購入することをお勧めします。

・ビスケット
 メイプルシロップとの相性が良く、食後のデザートに最適です。


他にもメニューはありますが、お客様の購入率が高いものは以上の商品です。

サラダはともかくとして、他の商品はどれもカロリーが高そうな気がしますね。実際の数値をケンタッキーの栄養成分表をもとに見ていきましょう。




ケンタッキーの主要商品のカロリーはどれくらい?

ケンタッキーのメイン商品については上記に記載した通りですが、今回のテーマとして気になるのは、やはりそれぞれのカロリーですよね。

早速ですが、主要商品のカロリーについて詳しく見ていきましょう。

・オリジナルチキン 247kcal
・骨なしケンタッキー 204kcal
・カーネルクリスピー 130kcal
・チキンフィレサンド 415kcal
・和風チキンカツサンド 478kcal
・ペッパーマヨツイスター 371kcal
・てりやきツイスター 392kcal
・フライドポテトS 195kcal
・コールスローS 92kcal
・ビスケット 200kcal(+ハニーメイプル 29kcal)

どうでしょうか。この数値を見てイメージできますか。正直私はよくわかりません。
そのため、別の角度からこの値が高いのかどうか考えていきます。




人間が1日に必要な摂取カロリーはどれくらい?

農林水産省のホームページによると、1日に必要な摂取カロリーは成人男性で2200±200kcal、成人女性は1400~2000kcalです。

参考までにケンタッキー利用時に1食で食べる可能性があるものを組み合わせてカロリー数を単純計算してみましょう。

オリジナルチキン+チキンフィレサンド+フライドポテトS+コールスローS+ビスケット
247kcal+415kcal+195kcal+92kcal+229kcal=1,178kcal


これだけで1日の半分のカロリーを摂取しています。ちなみに普通盛のごはん140gのカロリーは235kcalです。

一日に必要な摂取カロリーや他の食べ物のカロリーと比較してみると、ケンタッキーで食事をすることは結構なカロリーを摂取することに繋がるということが良くわかりますね。

主要商品はいずれもカロリーが高めなので、ケンタッキーを楽しみながらダイエットもするということは現実的ではないですね。




ケンタッキーでダイエットはできるのか?【まとめ】

「ダイエットしたいけどケンタッキーも楽しみたい!」という気持ちは十分に理解できます。

ですが、調べた限りカロリーを抑えながらケンタッキーを食べるというのは難しいという結論に至りました。

どうしても、ダイエット中にケンタッキーを食べたいのであれば他のところでカロリーを控えるなどの工夫が必要ですね。