マクドナルドで下痢!コーヒーやポテトが原因?予防法も紹介!

2019年6月25日

マクドナルドに行くと下痢をしてしまうという人が世の中には少なからずいるようです。



幸い私は、腹痛は起こしたことはありませんが、友人でマクドナルドに行くと必ず何時間後かに腹痛を起こして下痢になるという人がいました。
マクドナルドを食べた後に、腹痛で下痢になる原因はどんなことなのでしょうか?

もしかしたら、コーヒーやポテトが原因かもしれません。


スポンサーリンク

マクドナルドは腸の弱い人は下痢になりやすい

体質的に腸が弱い人は、マクドナルドを食べると下痢になりやすいようです。

マクドナルドの商品は、糖質も高く大量の油が使用されています。腸が弱い人は、糖質や油を吸収する力が弱いので、腹痛を起こしたり下痢になってしまうのかもしれません。



マクドナルドで腹痛を起こす原因は?

使い回しの油

マクドナルドに限らず、外食では使い回しの油を使っていることが多いです。

使い回しの油は酸化し、過酸化脂質を生成してしまいます。過酸化脂質は消化に時間がかかるので、下痢や腹痛を起こしやすいです。

さらに、過酸化脂質を大量に摂取してしまうと腸から体内に吸収され腸内を傷つけてしまい、下痢や腹痛、嘔吐などの症状が出る、劣化油症候群を引き起こしてしまいます。

マクドナルドでは、頻繁に油を交換することはないでしょうから、下痢や腹痛の原因が油ということも多いでしょう。



ドリンクの冷え、氷

ドリンクが冷えすぎて、お腹を冷やしてしまい、腹痛や下痢になるということもあります。

英国のマクドナルドでは、ドリンク用の氷がトイレの水よりもバクテリアが多く汚いとの調査結果も出ています。

マクドナルドでは、製氷機の分解洗浄を定期的に行っているそうですが、店舗によっては清掃が十分ではないのかもしれません。
マクドナルドで、いつも下痢になってしまうという方は、ドリンクを注文する時は氷抜きにすることをおすすめします。


コーヒー

マクドナルドは、100円でコーヒーが飲めますよね。
このような安いコーヒーは、安いコーヒー豆を使っていてコーヒー豆が酸化している可能性が高いです。酸化したコーヒー豆で挽いたコーヒーは、腹痛や下痢の原因になります。

また、コーヒーに含まれるカフェインは胃酸を分泌する作用があり、腹痛の原因になります。タンニンは、下痢を引き起こす作用があります。


ポテト

ポテトには大量の油が使われています。糖質も高いことから、腸の弱い方は消化不良を起こし、腹痛や下痢になってしまいます。
また、ポテトは食物繊維の量も多いので、腸の弱い方は消化しきれず下痢になってしまいます。


アメリカのマクドナルドでは食中毒も!?

2018年アメリカのマクドナルドでは、500人以上が食中毒になったこともありました。原因は、サラダに混入した寄生虫だったようです。食中毒にかかった人は、マクドナルドへ行って1週間以上経ってから、下痢などの症状がでたそうです。

アメリカのマクドナルドでは、すぐに原因となったサラダの販売を中止し、材料の調達先を変更したそうです。

日本のマクドナルドでは、食中毒が発生したことはありませんが、下痢や嘔吐、腹痛がひどい場合は、医療機関を受診しましょう。



マクドナルドでよく下痢になるという方へのおすすめの予防法

油をなるべくナプキンでおさえる

大量の油が腹痛や下痢の原因の可能性があります。
なるべく油を落とすことで、下痢や腹痛になりにくくなります。


ドリンクは氷抜きにする

お腹の冷えをおさえることができます。さらに氷は、あまり綺麗ではない可能性があるので氷抜きのほうが無難です。


ポテト、コーヒーはなるべく注文しない

ポテトは、大量の油を含んでいます。
コーヒーは、腹痛や下痢を引き起こす作用がある成分を含んでいます。なるべく注文しないようにしましょう。




マクドナルドで下痢!コーヒーやポテトが原因?予防法も紹介!【まとめ】

マクドナルドに行くといつも下痢や腹痛になってしまうと、マクドナルドへは行きたくないと思ってしまいますよね。マクドナルドで、腹痛や下痢の原因になることを知っておくことで、注文する時に気をつけることができます。

マクドナルドでいつも下痢になってしまうという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

あまりにも、下痢や腹痛の症状がひどく、嘔吐もしているという場合は、早めに医療機関を受診してくださいね。