スタバで【クイックペイ】は使える?スタバカードへチャージはできるの?

キャッシュレス化の流れが押し寄せる今日この頃ですがスタバでもその波はやって来ています。
その中でも今回はクイックペイについてスタバでの取扱いについて調査してみたいと思います。


現在クイックペイが使えるスタバは全国に11店舗あります。
スタバの店舗は全国に1,458店舗あるので、クイックペイ対応はまだまだ浸透していないようですね。

スタバカードが全国のスタバの店舗で使えるのはご存知のことでしょう。
現金かクレジットカードでチャージするプリペイドカードです。

クレジットカード一体型クイックペイを使ってスタバカードへチャージをすれば、クイックペイが使えない店舗でもキャッシュレス決済ができます。

クイックペイは後払い式電子マネーなのでチャージする必要がなくスムーズに支払いができます。
スタバが使える店舗はまだ少ないですが、今後各店舗への導入を期待したいですね。

そこで、クイックペイが使える店舗やスタバカードについて簡単にまとめました。
ぜひ参考にして下さい。


スポンサーリンク

クイックペイが使えるスタバ店舗

クイックペイとは、クレジットカードと連携する後払い式電子マネーです。

クイックペイはカードタイプ、クレジットカード一体型などがあります。
ただし、クイックペイプラスはおサイフケータイ対応です。

ここでクイックペイプラスとは?
クイックペイと基本機能は同じで買い物の上限金額が異なります。

・クイックペイは上限が2万円まで
・クイックペイプラスは2万円以上が可能

クイックペイの公式サイトより使えるスタバの店舗を位置情報で検索したところ11店舗見つかりました。

クイックペイ

・東京都スターバックス後楽園ミーツポート店
・スターバックスコーヒーKITTE名古屋店

クイックペイプラス

・福島県スターバックスコーヒー郡山市駅前
・スターバックスコーヒー仙台パルコ店
・広島県スターバックスコーヒーエディオン蔦屋家電
・愛知県スターバックスコーヒー常滑市セントレア国際出発、2ビル、4Fの3店舗
・愛知県スターバックス名駅サンロード店
・東京都スターバックスコーヒー・コーヒージャパン池袋ショッピングパークに2店舗

(1)と(2)の店舗では、両方の電子マネーを使用することができます。
ただし、上限金額に注意して下さい。



スタバカードのチャージ方法

スタバには、チャージ式プリペイドカード「スタバカード」があります。
現金かクレジットカードで事前にカードにチャージして使用します。

スタバカードへチャージする方法は、スタバ特約店のクレジットカードでチャージするのがおすすめです。

特約店とは?

特約店とは簡単に言えばクレジットカードをよりお得に使えるお店やサービスのことです。

スタバ特約店のクレジットカード「JCB CARD W」でチャージすると還元率5%以上です。
なるほど、直接クレジットカードで支払うよりポイントが増えるのでお得ですね。

さらにクイックペイ一体型クレジットカードになっているのです。
スタバで使える店舗が少ないクイックペイでもクレジットカードでチャージをすれば全国どこでもキャッシュレス決済できます。



スタバカードとは?

スタバカードはクレジットカードでチャージするとポイントがもらえて現金払いよりお得!
その他にもメリットがたくさんあります。

5000円入金で好きなドリンクが無料になるチケットがもらえる


ポイントを貯めて商品券がもらえる

700円分の商品券「リワードチケット」でドリンク、フードなどから1品購入できます。

クーポン券がもらえる

スタバから好きなドリンク1杯無料や1杯おかわり無料などのクーポン券が届きます。
スタバカードを使うことで、スタバの特典がいっぱいもらえてお得ですね。




スタバでクイックペイは使える?【まとめ】

スタバの店舗でクイックペイは使えますが、全国で11店舗のみ対応しています。
全国で使えるキャッシュレス決済は、スタバカードのみです。

クイックペイ一体型クレジットカードで、スタバカードにチャージをすれば、クイックペイが使えないスタバ店舗でも簡単にキャッシュレス決済できます。

ただし、スタバカードはチャージ式プリペイドカードなので事前にチャージするのと一度チャージしてしまうと返金できないなど手間がかかります。

一方でクイックペイは後払い式電子マネーなので、クレジットカードと連携するだけで簡単に使えます。

便利な支払い方法なので、クイックペイが使えるスタバ店舗が今後増えると良いですね。