スタバドリンクを【マグカップ】に入れて店内で飲むには?返却口がない?

スタバでは注文時に「マグカップでお願いします」と言えば店内用マグカップにドリンクを入れてもらえます。どのホットドリンクを注文しても大丈夫ですが、ショートサイズとトールサイズに限ります。

そして、スタバで購入したマグカップを持参してドリンクを入れてもらうこともできます。その時にエコ協力のお礼として20円割引してもらえるのでお得ですよ。店内用マグカップは返却しなければなりません。


店舗によって返却口が異なりますが、大体ゴミ捨てそばにマグカップ専用返却スペースがあります。そこで、スタバのマグカップについて詳しくみていきましょう。






スポンサーリンク

スタバドリンクをマグカップで店内で飲むには?

スタバの店内でたまにマグカップでドリンクを飲んでいる人を見かけたことはありませんか?持参したマグカップに入れてもらっているのかと疑問に思う人もいるでしょう。実は、注文する時に「マグカップでお願いします」と言えば店内用マグカップを出してもらえるのです。

ただし、ショートサイズとトールサイズに限ります。ドリンクもフラペチーノ以外のホットドリンクを入れてもらえます。店内用マグカップはスタバの紙カップより資源節約になるので、注文すると店員に喜ばれるみたいですよ。


さらに持参したマグカップにドリンクを入れてもらうこともできるようです。スタバにはさまざまな種類のマグカップを購入することができます。スタバ店内の棚に並べてあるのでお気に入りのマグカップを探してみると良いでしょう。

スタバのロゴマークのシンプルなデザインからご当地ものまであります。陶器以外には蓋つきステンレスマグカップがあります。割れる心配がなく、約1時間の保温・保冷効果があるので、持ち帰りに便利ですね。






スタバのマグカップの返却口は店内にない?

スタバで初めて店内用マグカップで飲んだ時、返却口がどこにあるか分からないで店内を歩き回ったことはありませんか?中にはそのまま持ち帰っていまう人もいるようです。店内用のマグカップでドリンクを飲んだ時は、必ず返却しなければなりません。

では、どこに返却すれば良いのでしょう。店舗によって異なりますが、大体ゴミ捨てのそばにマグカップ用の返却スペースがあります。ただ、店舗によってマグカップ専用の返却口がないところもあります。その場合は、店員に手渡すのが良いでしょう。



私が以前利用した店舗では、飲み終わって席を立った時、店員がすぐに回収しに来てくれたことがありましたね。気配りが行き届いた店舗だったと思います。






スタバでマグカップを使うメリットとは?

スタバでマグカップにドリンクを入れて飲む方法は、店内用マグカップまたは持参したマグカップに入れてもらうことです。店内用は白色の陶器でスタバのロゴがデザインされてあるシンプルなマグカップです。スタバでマグカップを使うメリットをみてみましょう。


⑴保温効果

スタバの紙カップに比べるとドリンクが冷めにくいです。コーヒーは、冷めてしまうと苦味が増し、味に変化が起こります。保温効果のあるマグカップだとコーヒーの味の変化を抑えてくれるでしょう。


⑵資源節約

スタバでは通常、紙カップで出されることが多いです。しかし、紙カップだと廃棄量が増えてしまいます。マグカップで注文できるドリンクはなるべく店内用マグカップで飲み、資源節約に貢献しましょう。


⑶割引価格

スタバでは、持参したマグカップにドリンクを入れてもらえます。そして、エコ協力のお礼として20円割引してもらえるのです。







スタバドリンクをマグカップに入れて店内で飲むには?【まとめ】

スタバドリンクは、店内用マグカップに入れて飲むことができます。ホットドリンクならどの種類でも注文できますが、サイズはショートかトールに限ります。そして、スタバで購入したマグカップにドリンクを入れてもらうことができるのです。

マグカップは、スタバの紙カップより資源節約になるのでエコ協力のお礼として20円割引してもらえます。スタバには、定番のスタバのロゴデザインからご当地ものまでさまざまな種類のマグカップが販売されています。マグカップで飲むといつもの紙カップと違ってなんだか気分が上がりますよね。

お気に入りのマグカップで優雅なひとときを楽しんでみてはいかがですか。