スタバのドレスコードとは?スタッフはどこで買い揃えてるのか?

スタバのスタッフは、エプロン以外のドレスコードは全て私服です。
ほとんどのスタッフがプチプラファッションで人気のあるguで買い揃えています。


白か黒の襟付きシャツ、黒かベージュのパンツやスカートなどドレスコードには決まりがあります。
夏はポロシャツ、冬はタートルネックなど季節にあった素材の着用も決められているのです。

そこで、スタバのドレスコードについて簡単にまとめたので見ていきましょう。


スポンサーリンク

スタバのドレスコードとは?

スタバでは、スタッフは緑のエプロンに白シャツ、黒いパンツのドレスコードをしていますよね。
元スタッフの情報によると、実はスタッフに支給されるドレスコードはエプロンのみなんだそうです。

エプロン以外のシャツ、パンツやスカート、靴下、靴などは私服です。
ほとんどのドレスコードが自前だったとは驚きましたね。

店舗によって異なるそうですが、きちんとスタバのドレスコードに沿って着用するものが決まっていました。
それぞれ見ていきましょう。


⑴シャツ

白か黒の襟付きシャツもしくはポロシャツ
冬はタートルネックを着用しても大丈夫。シャツはパンツやスカートの中にきちんと入れることが決められていました。


⑵パンツ、スカート

黒かベージュのパンツやスカート
ベルトはつけても大丈夫ですが、派手なものは駄目です。

デニム、スポーツウェア、皮革、レース、助けるもの、ストレッチ素材は不可
スカートは膝上4インチ(10センチ)以上は不可


⑶靴下

黒か白の靴下、黒かベージュのストッキングが良いそうです。
中にはくるぶし靴下が駄目な店舗もあるそうで、足首が隠れる靴下が良いです。


⑷靴下

黒か茶のスニーカーがおすすめだそうです。
立ちっぱなしの仕事なので自分に合ったサイズとクッション性のあるものを選ぶと良いです。
ローファーなど履き慣れていないものはやめたほうが良いです。

スタバでは、漂白作業をすることが多いので、飛び散った後、変色し目立つ黒色よりベージュを着用するスタッフの方が多いようです。



ドレスコードをどこで買い揃えているのか?

スタバのスタッフはエプロン以外のドレスコードを自前で揃える必要があります。
どこで買い揃えているのか気になりますよね。

ショップは、gu、ユニクロ、無印良品が人気でした。特におすすめのショップはguでした。
5,000円くらいでドレスコードを揃えることができるようです。

スタバでは、漂白作業をすることが多いので、飛び散って変色したパンツやスカートを何度も買い換えていたそうです。
何度も買い替えるようなら、手頃な価格のguが最適ですね。



黒エプロンをつけているスタッフがいる?

ところで、スタバで黒いエプロンをしたスタッフを見かけたことはありませんか?

スタバといえば、緑のエプロンですよね。
黒エプロンをしているスタッフは、日本で少なく簡単には出会えないと言われています。

黒エプロンにはきちんとした意味がありました。

スタバでは、コーヒーの知識を持つコーヒーマスターがいます。
この人たちの中でもより豊かな知識を蓄えた人だけに与えられるのが黒エプロンです。

黒エプロンはどうやってもらえるのか?
まず、店舗で「コーヒーマスター」の認定を受ける必要があります。

そして、年に1度行われるスタバの社内試験に合格すれば黒エプロンをつけることができます。
難しい試験で、合格率はなんとわずか約8%だそうですよ。

コーヒーについての豊富な専門知識を持っているので、希望に合うコーヒー豆やコーヒーと相性の良いフードメニューを提案してくれます。

来店した時に黒エプロンをつけたスタッフを見かけた時はラッキーですね。



スタバのドレスコードとは?【まとめ】

スタバのスタッフは、エプロン以外のドレスコードが私服で、ほとんどの方がguで買い揃えていました。

ドレスコードに沿って着用するものには決まりがあります。
白か黒の襟付きシャツやポロシャツ、黒かベージュのパンツ、スカートなどです。

その中でも、スタバでは漂白作業が多いので黒色より変色が目立たないベージュを選ぶスタッフが多いそうです。
スタバといえば緑のエプロンですが、コーヒーの専門知識を持ったスタッフは黒エプロンをつけています

簡単には出会えないそうですが、見かけた時には自分に合うコーヒー豆を選んでもらうと良いでしょう。