スタバの【デカフェコーヒー豆】はコストコやスーパーで買えるのか?

スタバには、デカフェコーヒー豆を販売しています。
なんと、コストコやスーパーで購入することができるのです。

ただし、豆を挽いた粉の状態で販売していました。デカフェとはコーヒーからカフェインを90%以上除去したものを言います。カフェインは胃腸への刺激が強いのですが、デカフェは胃に優しいコーヒーです。妊娠中・授乳中、寝る前などのカフェイン摂取を避けたい時に飲むと良いでしょう。


そこで、スタバのデカフェについて簡単にまとめました。ぜひ、参考にしてみて下さい。






スポンサーリンク

スタバのデカフェとは?

スタバには、デカフェコーヒー豆が販売されています。デカフェとは、コーヒーからカフェインを取り除いたもので、カフェインレスやカフェインフリーなどと呼ばれることもあります。

一般的には、90%以上のカフェインを除去したものですが、スタバのデカフェは、99%以上カフェインを除去したコーヒー豆を販売していました。そんなデカフェコーヒーの良いところを見てみましょう。

⑴覚醒作用がない

カフェインが入っていないので、覚醒作用がありません。カフェインには、眠気を覚まして集中力を高める効果がありますが、それは脳を興奮させ体に無理をさせているだけです。この効果が切れると、集中力が低下し、頭痛や疲労感など体に悪影響を及ぼす場合があります。

デカフェコーヒーの方が体に優しいので、寝る前に飲んでも安心ですね。

⑵利尿作用がない

カフェインには、尿の量を増やし、血液中から余分な水分を減らす作用があります。
一方で、デカフェは利尿作用がないので、トイレが近くなることがありません。デカフェコーヒーを寝る前に飲んでも夜中にトイレに起きなくてもいいので安心ですね。

⑶子供や妊婦に優しい

コーヒーのカフェインを気にすることなく飲むことができます。苦い味が苦手な子供には、ミルクを入れて飲ませると良いですね。デカフェコーヒーは、コーヒーを飲みたいけれどカフェインを避けたい人にとってとても便利です。






スタバのデカフェコーヒー豆はスタバ以外どこで買えるのか?

スタバの店舗やオンラインストアでは、挽いていない豆である「デカフェハウスブレンド」(250g)が1,240円(税込)で販売されています。柔らかなコクと軽い甘みで飲みやすいコーヒーだそうです。

なんと、コストコやスーパーでもスタバのデカフェコーヒー豆を買うことができます。ただし、豆を挽いた粉の状態で販売していました。

コストコの販売価格は、566gが1,838円です。
スーパーでは、140gが738円でした。

デカフェコーヒーを食料品の買い物と一緒に済ませることができるので助かりますね。値段はスーパーに寄って異なる場合があります。近所のスーパーに事前に確認しておきましょう。





スタバのデカフェには豆乳が合う?

スタバのドリンクには、豆乳を使ったソイラテがあります。エスプレッソと豆乳の相性も抜群なのですが、このソイラテをデカフェコーヒーにする方がより美味しくなると評判なんです。甘すぎないでまろやかなしっとりとした味わいが好評でした。

さらにミルクを使用していないので、乳製品アレルギーの人でも気軽に飲むことができます。カフェインレスのデカフェとまろやかな豆乳が合わさると美味しくて体に優しい飲み物になりますね。

スタバのソイラテをプラス50円でデカフェコーヒーに変えることができます。スタバの豆乳は、調整豆乳を使っているので砂糖が含まれています。糖質を抑えている方は飲みすぎには注意した方が良いでしょう。






スタバのデカフェコーヒー豆はコストコやスーパーで買えるのか?【まとめ】

スタバのデカフェコーヒー豆は、コストコやスーパーで挽いた粉タイプを販売していました。普段の食料品の買い物と一緒にデカフェコーヒーを購入することができるので便利ですね。

デカフェコーヒーは、普通のコーヒーよりカフェインを除去しているため体に優しいです。ただし、カフェインが全く含まれていないわけではないため、取りすぎには注意しましょう。

そして、スタバのソイラテをプラス50円でデカフェコーヒーに変えるとよりまろやかになり美味しくなります。スタバのデカフェコーヒーでカフェインレスを心がけてみて下さい。