スタバのドリンクの【原価】は高いのか?フラペチーノの原価はどれくらいなの?

スタバの規約より原価についての確かな数値は公表されていません。一般的に原価は値段の3割くらいだと言われています。商品によって異なりますが、スタバのフラペチーノの原価は大体150円くらいだと予想されていました。


スタバでは、大量に仕入れて原価を抑えたり、季節・期間限定の商品などを販売して売上を伸ばしています。原価を抑えて販売しているとは思われますが、スタバの商品はどれも高品質であり、人気があります。

そこで、スタバ商品の原価については詳しくみていきましょう。






スポンサーリンク

原価とは?

原価とは、商品を仕入れる際にかかった費用のことを言います。スタバのコーヒーの場合は、コーヒー豆を仕入れるための費用です。家賃、水道・光熱費、人件費などの費用は原価に含まれません。この原価を売上で割ったものが原価率です。

例えば、仕入れたコーヒー豆の価格が100円で、300円でコーヒーを販売したとします。原価率は、100÷300=33%になります。利益を生むためには、かかった費用より高い値段で販売する必要があります。

原価率の値を低く抑えることができれば、利益が生まれるということですね。このように、商品を販売する価格や原価率の計算をする時には、原価を知っておく必要があるのです。原価率を抑えて利益を上げるにも、原価が分からなければ対策をとることができないからです。






スタバの原価は?

スタバの規約により、原価についての確かな数値は公開されていませんでした。ここでは、スタバドリンクのおおまなか原価を予想してみましょう。カフェや喫茶店で提供されるコーヒーの原価率は、10%程度に抑えていることが多いです。多くても20%くらいだと言われています。

大体1kgのコーヒー豆で約80杯のコーヒーを作ることができると言われています。実際の値段で計算してみます。仕入れた1kgのコーヒー豆の価格は2,400円、これで80杯のコーヒーを作れば、1杯辺り30円の原価になります。1杯300円で販売した場合の原価率は、10%です。

当然、仕入先のコーヒー豆の値段や店で販売するコーヒーの価格によって異なるでしょう。スタバで販売しているドリップコーヒーは、290円です。原価率10%の場合、ドリップコーヒーの原価は290×10%=29円になります。

同様に440円で販売しているコーヒーフラペチーノの原価は44円になります。フラペチーノは種類によって使っている材料が異なるため大体の原価は150円くらいだと予想されていました。

当然ですが、販売価格が高い商品の方が原価が高くなっていますね。ただ、コーヒーを使う量や他に使っている材料の原価が詳しく分からないので、スタバ商品の原価について正確に求めるのは難しいでしょう。





スタバの原価は高いのか?

スタバの原価率は公表されていませんが、おおまかな数値は10%〜20%あると言われています。この数値はカフェや喫茶店で多い一般的な原価率です。20%を超えると原価が高くなるので、10%〜20%程度では原価が低いと予想できます。

スタバのドリンクは1杯数百円程度で販売しているにもかかわらず原価率を抑えられていると言われています。これには主な理由が大きく2つありました。


⑴大量に仕入れている

スタバではコーヒー豆などの原材料を大量に仕入れ、ストックしておくことでコストを抑えています。大量に仕入れると、コストを抑えられるメリットがある反面、材料費がかかるなどのデメリットも起こります。

スタバは、大手チェーンの資本力があるからできるのでしょう。


⑵シーズン商品

スタバでは毎年、季節・期間限定の商品を販売しています。その中でも人気がある商品はスタバのフラペチーノです。フラペチーノはスタバの商標なので、他のカフェチェーン店では販売していません。スタバ定番のドリップコーヒーと比べると価格は高いです。

こうしたスタバでしか購入できない商品があることで顧客を増やし、原価率を抑えることができるのです。




スタバのドリンクの原価は高いのか?【まとめ】

スタバ商品の原価について確かな数値は公表されていませんでした。一般的なカフェや喫茶店で提供されているコーヒーの原価率は10%程度に抑えていることが多いです。使っている材料の原価が高くなると原価率が上がり、20%を超えると高いと言われています。

スタバの定番ドリンクであるドリップコーヒーとフラペチーノを比較すると、値段が高いフラペチーノの方が原価が高いことが予想できました。スタバ商品の原価を知ることで、少し違った見方でスタバを楽しむことができたでしょう。