タリーズコーヒーで【持ち帰り】出来る?コーヒーやケーキ、フードなどは?

タリーズは、店内でのんびりとドリンクやフードを楽しむのも良いですが、テイクアウトも出来るんですよ。手土産にもぴったりですよね。


消費税増税に伴い、店内飲食の場合は10パーセントですが持ち帰りの場合は8パーセントです。少しでも安くなるならと、テイクアウトを選ぶこともありますよね。

基本的には、メニューの全てテイクアウトは出来ます。それぞれのテイクアウトのポイントやどのようにされるか紹介します。







スポンサーリンク

タリーズコーヒーで持ち帰り出来る?ドリンクは?

注文の際に、店内で飲食するかテイクアウトか聞かれます。店内利用の場合は、グラスかマグカップに入れられますが、テイクアウトの場合は使い捨てのカップに入れます。この確認が税率を確認する役割も担っているということになりますね。

タンブラーを持ち込みの場合は、30円引きになります。さらに支払いをタリーズカードにすると10円引きになります。持ち込みの割引とタリーズカードの割引は併用可能ですので、タリーズをよく利用する人ならタリーズカードを持っていて損はないですよ。


ドリンクのみなら、紙袋に入れるかどうかも聞かれます。ドリンク一つでも紙袋の中で倒れないように立てるものに入れてくれますので安心です。







タリーズコーヒーで持ち帰り出来る?ケーキは?

ほとんどのカフェでは、ケーキも持ち帰り出来ますが、いざ持ち帰りをするとなると箱への梱包に時間がかかってしまって店員さんの手間も取りがちです。混雑していると躊躇することもありますよね。タリーズではそんな心配は無用ですよ。

タリーズでは一つずつプラスチックの容器に入ってケーキが販売されています。箱の中で倒れたり、ほかのケーキのクリームが付くということもありません。ドリンクとケーキ一つでも、紙袋一つにまとまりますね。テイクアウトの容器もケーキに合ったサイズなのでコンパクトなのも嬉しいですよね。

コーヒー屋さんですが、タリーズのケーキは他にない個性的な味もあり、新しいメニューが出るたびに食べたくなるような美味しさです。






タリーズコーヒーで持ち帰り出来る?パンケーキは?

タリーズのフードメニューの中で人気のパンケーキも持ち帰り専用の容器があります。丸い蓋つきの容器に入れてくれます。店内で温かいうちに食べるのが美味しいパンケーキですが、テイクアウトするなら温めはしないのがオススメです。

温めてしまうと、ホイップやソースが溶けてしまいケースの中でドロドロになることがあります。移動時間がそんなになく、あまり揺らさないとき以外は食べるときにパンケーキのみ温めるのが美味しく食べられるポイントでしょう。







タリーズコーヒーで持ち帰り出来る?モーニングは?

モーニングメニューもテイクアウト出来ます。プラス料金になりますが、サラダやヨーグルトもつけることが出来ますよ。

移動が時間かかるときは、温かいものと冷たいものは紙袋を分けたほうがよさそうですね。店員さんによっては聞かれますが、聞かれなかったときは紙袋を分けてほしいと伝えないと、一つの紙袋になってしまうこともあります。







タリーズコーヒーで持ち帰り出来る?パスタは?

タリーズのパスタは、イタリアンのお店に怠らないような美味しさと言われています。麺はモチモチで、種類も期間で変わりますが何種類かあります。またカフェメニューにしてはさほど高くなく、ランチにぴったりです。

もちろんパスタもテイクアウト出来ます。消費税増税してから、テイクアウトするお客さんが増えたそうです。テイクアウトのときは、蓋つきの容器に入れてもらえます。さらにこの容器は電子レンジが使用可能なのも嬉しいですね。






タリーズコーヒーで持ち帰り出来る?【まとめ】

消費税増税により、店内飲食は10パーセント、テイクアウトは8パーセントと税率がテイクアウトのほうが少ないことからテイクアウトを選ぶ人は増えたようです。

タリーズでは、テイクアウトにもきちんと対応しているため、ぜひテイクアウトしてみてくださいね。