タリーズコーヒーで【勉強】はできる?長時間滞在のときの注意点は?

心地良いジャズの音楽が流れているタリーズコーヒー。まったりとした時間を過ごしたいという人もいますし、お友達とお喋りをしたいという人もいると思います。


それに対し、学生さんや資格取得を目指している社会人の中にはカフェで勉強をしたいという人が多くいるのも事実です。静かなカフェで美味しいコーヒーを飲みながら勉強するのは捗る(はかどる)からかもしれませんね。


今回はタリーズコーヒーで勉強はできるのか?また、長時間滞在するときの注意点についてご紹介します。








スポンサーリンク

タリーズコーヒーで勉強はできる?

静かな店内にジャズのBGMが流れているタリーズコーヒーはちょっぴり贅沢な大人な空間を思わせる雰囲気がありますよね。お友達とのお喋りで利用したいという人も、なんだか少しヒソヒソ話になってしまうような。


そんな中、最近ではノマドワークなんて言葉が増えてきているのを知っていますか?フリーWi-Fiの環境があるカフェでパソコンを使用して仕事をすることです。ノマドワークという言葉はここ数年で増えてきたように思います。


一方、パソコンは使用せず、ペンとノートと参考書を持ってカフェを利用する、いわゆる勉強目的の人の利用は何年も前から目にする光景だったかもしれません。1人で静かに利用し、誰にも迷惑をかけないから一見問題はないように思えますよね。


しかし、批判の声は少なくないんです。また、タリーズコーヒー側は禁止してはいませんが、気持ち良いものでもないようです。では、一体どのような点で批判があるのでしょうか。








タリーズコーヒーで勉強する人に対する批判の声とは?

タリーズコーヒーで勉強すること自体、決してマナー違反ではありません。お気に入りのドリンクを注文し、クッキーやドーナツ、サンドイッチなどの食事も利用するのであれば大いに結構だと思います。しかし、タリーズコーヒーで勉強する人に対する批判の声というのは0ではありません。一例をご紹介します。

・混雑しているときに周りを気にせず勉強している。

・長時間、滞在している。

・ペンでテーブルを汚したり、消しゴムのカスを残したままにされると不衛生で困る。

・パソコンを利用している人のタイピング音やマウスのカチカチという音が不快。

・携帯電話で大声で話をし始める。


このような批判の声がある以上、タリーズコーヒーで勉強するときには注意点を理解しておく必要がありそうです。それでは、注意点について確認してみましょう。








タリーズコーヒーで勉強するときの注意点は?

タリーズコーヒーを利用するお客様から、勉強をする人に対しての不満の声が上記いくつか挙がりました。では、これらについて注意点と改善策についてご紹介します。


混雑状況を把握しましょう。

混雑しているときに周りを気にせず勉強している人に対し、不快に思う人は少なくありません。特に12時頃のランチ時や15時頃のティータイムになるとタリーズコーヒーはお客様でいっぱいになります。

それにも関わらず、食事も済ませドリンクも飲み切った状態で黙々と勉強をしている人を見ると、他のお客様は良い気がしませんよね。店内が混んできたなと思ったら退店した方が良いかもしれません。


長くても2~3時間程度に留めておきましょう。

先述したように、ランチ時やティータイムはタリーズコーヒーのピーク時間帯です。予めこの時間は避けておくと良いでしょう。更に、利用時間のおおよその目安は2~3時間がおすすめです。

店員さんから退店をお願いすることはまずないと思いますが、あまり長時間勉強をしているのも容認しがたいようです。また、勉強する本人も2~3時間と決めた方が集中力が続くのではないでしょうか?


飲食店を利用していることを忘れないようにしましょう。

図書館や学校の自習室と違い、タリーズコーヒーは飲食店です。ペンでテーブルを汚したり、消しゴムのカスを残したままにされると不衛生なのは当然ですよね。消しゴムのカスは床に落とさずきちんと捨てるなど、節度のある行動を心掛けて利用しましょう。


パソコンを持ち込む場合は、音に配慮しましょう。

フリーWi-Fiの環境があるタリーズコーヒーでは、論文の作成などパソコンを持ち込む人も多いようです。その際静かな店内には、キーボードのタイピングの音やマウスのクリック音って結構響き渡るんです。ジャズの音楽を楽しむことを目的に来店するお客様も多いので、カチカチと鳴らないような配慮が必要です。

最近ではカチカチと音のならないキーボードやマウスが売られており、家電量販店で手軽に購入ができます。タリーズコーヒーで勉強する人はこのようなアイテムを持っておくと迷惑にならないですよ。


電話が鳴ったら店の外に出て電話をしましょう。

勉強中にスマホはいじらないと決めている人は多いと思います。しかし、思いがけず塾や予備校などから突然電話がかかってくることもありますよね。絶対に出なくてはいけない電話の場合、まずは店外に出るようにしましょう。

先述した通り、ジャズの音楽を楽しむことを目的に来店するお客様も多いので、店内での通話は非常に迷惑になります。注意点を守って、他のお客様の迷惑にならないようにすればタリーズコーヒーで勉強することはできると思います。







タリーズコーヒーで勉強はできる?【まとめ】

いかがでしたか?
タリーズコーヒーで勉強すること自体は決してマナー違反ではありません。しかし、他のお客様のことも考えて、長時間の滞在は避け注意点を予め理解した上でタリーズコーヒーを利用しましょう。コーヒー豆の良い香りとジャズのBGMに包まれながら、ちょっぴり大人な雰囲気の中で勉強するのもたまには良いかもしれませんね。

以上、「タリーズコーヒーで勉強はできる?長時間滞在のときの注意点は?」の記事でした。