鮭の塩焼きの付け合わせは何がいい?おすすめを紹介!

鮭の塩焼きはとても身近な和食で、食卓に上る頻度も高いのではないでしょうか。

定食屋さんやコンビニ弁当でも必ずといっていいほど見かけますよね。

あまりに身近過ぎて、付け合わせや副菜について改めて考えることも少ないかも知れません。

鮭の塩焼きと一緒に盛りつける主な付け合わせは、大根おろしとレモンが真っ先に浮かびます。


大根おろしは消化酵素を多く含み、有害な焦げ成分を代謝してくれる嬉しい働きがあります。

レモンを添えてもビタミンCが栄養を吸収しやすくしてくれるので、相性が良いのも納得です。

また、鮭の塩焼きはいろいろなおかずに合わせやすい便利なメニューです。

本文では、鮭の塩焼きにおすすめの付け合わせや、相性のよいおかずについて紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク



鮭の塩焼きに合う付け合わせ

大根おろし

焼き魚に大根おろしはつきもの、というほど、当たり前のように添えられています。

何か意味があるのか調べてみると、多くの情報が出てきました。

大根おろしには、たんぱく質を分解するプロテアーゼ、デンプンを分解するアミラーゼなどの消化酵素が豊富に含まれています。

消化酵素の働きにより消化吸収を高めるうえに、魚の焦げ部分に含まれる発がん成分を代謝する効果、抗菌効果もあるとされる「イソチオシアネート」という成分も含まれています。

焼き魚に添えられる大根おろし、昔から何の気なしに食べていましたが理にかなっていますね。
もちろん、鮭の塩気と大根おろしの爽やかな辛味は、味の相性も抜群です。



レモンなどの柑橘類

鮭の塩焼きにレモンなどの柑橘類を添えるのもおすすめです。

和風、洋風問わず鮭とレモンは相性が良く、鮭のムニエルやサーモンのカルパッチョなどにもレモンが添えられることが多いです。

レモンのスッキリとした香りと酸味が魚の生臭さを消してくれますし、味のアクセントにもなります。

また、レモンのビタミンCの働きで鮭の栄養成分が吸収されやすくなるので、栄養学的にもおすすめです。

焼き野菜

少し大きめのお皿でワンプレートのおかずにするなら、焼き野菜と合わせるのもおすすめです。

ピーマンやアスパラなど緑の野菜をオーブンで軽く焼いたり、フライパンでソテーしたりして添えると彩りも良いですし、栄養バランスも取りやすくなります。


鮭の塩焼きに合うおかず

和のおかず

鮭の塩焼きに合うおかずは、無限にあるといって良いと思います。

朝食には海苔と納豆、鮭の塩焼きがあれば大満足ですし、夕食のおかずにおひたし、煮物、揚げ物、炒め物など、どんな和のおかずを合わせても間違いなく合います。

お弁当屋さんの「しゃけ弁」を思い浮かべると、きんぴら、卵焼き、ちくわの天ぷら、野菜とがんもの煮物、切り干し大根、ひじきの煮物など定番の和のおかずが入っていることが多いです。

日本人になじみの深い鮭の塩焼きは、やはり身近なおかずと相性が抜群ですね。

洋風、中華のおかず

鮭の塩焼きには、洋風や中華のおかずにも合わせやすいです。

サラダやオムレツ、中華風の炒め物などに合わせても違和感がありません。

あまり辛いものやこってりし過ぎているものでなければ、大部分のおかずに合うのではないでしょうか。

鮭はグラタンやシチューなどの洋風料理にも多く使われますし、オイスターソースや花椒などを使った中華風の味付けにもよく合います。

鮭はそれぞれの料理法で持ち味を生かせる上に、様々な料理と合わせやすい、まさに懐の広い食材です。

シンプルな調理法である鮭の塩焼きが、洋風や中華のおかずにも合うのがわかります。





スポンサーリンク




【鮭の塩焼きに合う付け合わせ】まとめ

鮭の塩焼きにおすすめの付け合わせやおかずについて紹介してきました。

付け合わせとしてまず浮かぶのが大根おろしとレモンですが、どちらも消化吸収を高めたり、有害物質を代謝してくれたりと嬉しい働きがあります。

味の相性も良く、臭み消しにも一役買っているので、なくてはならない存在です。

鮭は和、洋、中を問わずいろいろな料理に使われるので、相性の良いおかずも無限にあるといえます。

様々なおかずに合わせやすいので、困った時は鮭の塩焼きをメインにすれば献立も作りやすくなりますね。

付け合わせの相性について改めて考えてみたり、いろいろな副菜を合わせたりして鮭の塩焼きを美味しく楽しむきっかけとなれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA