オムライスにケチャップ以外の味付け!中身のアレンジアイディア3選を解説!

年代を問わず人気のオムライス。ケチャップ以外の味付けをしたいけれどアレンジ方法が思い浮かばない、という方も多いのではないでしょうか?

いつもケチャップ味のオムライスだとマンネリ化してしまってあまり食べてくれない、なんていう悩みを持つママやパパもいるかもしれません。



そこで今回は、オムライスの中身を変えるだけでできる、簡単なアレンジアイディアをご紹介します。



スポンサーリンク




オムライスをケチャップ以外のアレンジアイディア

バターライス

オムライスの中身と言えば鶏肉の入ったケチャップライス、いわゆるチキンライスが定番ですが、そのチキンライスを大胆にバターライスにしてみましょう。

作る工程もいたってシンプルです。

1、玉ねぎをみじん切りにする。
2、玉ねぎをバターで炒める。
3、ご飯を一緒に炒める。
4、パセリやバジルを少し混ぜ合わせる

これだけです。鼻歌でも歌いながらできてしまいそうなレシピですね。

パセリやバジルはお好みで量を調節しましょう。香辛料が苦手な方はこしょうを少し加えると味がしっかりとします。

このバターライスのオムライス、ぜひ作る際は卵もバターで焼いてみてください。オムライス全体からバターの香ばしいにおいが漂う、絶品オムライスの完成です。

ホワイトソースでクリームオムライス

ホワイトソースの作り置きをしたことはありますか?

様々な料理に使える優れものなんです。ホワイトソースって、なんだか失敗しそうで敷居が高い、という方もいるはず。でも、工程を見てみると意外とシンプルに作れちゃいます。

1,玉ねぎをみじん切りにする。
2,玉ねぎをバターで炒める。
3,玉ねぎを炒めているフライパンに牛乳と小麦粉を入れ、よくかきまぜる。
4,塩とこしょうで味を調える。
行程を書きだしてみるとたった四つだけでした!

できたホワイトソースはタッパーに入れて冷蔵保存をするか、冷凍用のビニール袋に入れて冷凍保存もできます。

この作り置きホワイトソースをフライパンに入れて再度加熱しご飯を入れ、お好みの固さにします。

あまりゆるいとおかゆのようになってしまい卵で包むのが難しくなりますが、そこはこのアレンジレシピの醍醐味。卵で包まないオムライスにしてみましょう。ケチャップ以外の味付けだと、包まないオムライスでもサマになります。

とろりとしたご飯の上に半熟に焼いた卵を乗せてあげると、見た目も違う上品なオムライスの完成です。
アイディア次第でさらにアレンジもできそうですね。

鶏ガラだしで中華風オムライス

オムライスは洋食ですが、中華風にアレンジすることもできます。中身のご飯に鶏ガラだしを使います。

1,玉ねぎ、ハム、長ネギを切る
2,フライパンで炒める
3,ご飯を入れ、さらに炒める
4,鶏ガラだしで味つけをする

お気づきの方もいると思います。このアレンジレシピの中身はチャーハンです。

アイディアが思い浮かばないときは、普段どのようなご飯料理が人気か考えるのも一つの手なんです。
シンプルなチャーハンはオムライスの中身にしてもとてもおいしいです。スープをそえるならかきたまスープなどが合いそうですね。

また、卵の上に角切りにしたトマトなどを乗せてもとてもよく合うレシピです。普段チャーハンに合わせている食材でいろいろ試してみるのも楽しいですね。




スポンサーリンク




オムライスをケチャップ以外のアレンジアイディア【まとめ】

ケチャップ味のチキンライスのオムライス。そんな定番から抜け出して、一味違うオムライスを食卓に出してみましょう。何種類か作って食べ比べてみるのも楽しそうですね。

また、今回のアレンジレシピは作業も材料も非常にわかりやすいので、お子さんと作るのもおすすめです。

お子さんが「これ入れてみたらおいしいかもしれないよ」と新しいアイディアを出してくれるかもしれません。

ぜひみなさんもアレンジしたオムライスで楽しい食卓を囲んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA