コメダ珈琲のデカフェはある?珈琲や紅茶のメニューそもそもの意味も確認!

コメダ珈琲のみならずいろんなお店のメニューでも、最近よく聞くデカフェ。このデカフェって何?コーヒーとか紅茶とは違うもの?と今さら聞けないお年頃の今日この頃。


デカフェってカフェインレスのことなんです。

もっとデカフェの良さを知ってコーヒーや紅茶を楽しんでみませんか?
健康にもいいデカフェメニューで、コメダ珈琲のちょっとした裏技を紹介していきます。



スポンサーリンク

デカフェって何?

最近よく聞く耳にするこの「デカフェ」。
何者かわからず、頼むにも頼みづらくて結局「いつもの」を頼んでしまうそこのあなた。勿体無い!

デカフェを知ると、コーヒーをもっと楽しめます!

デカフェって、一言で言うと、『カフェインレス」。

カフェインを含む飲み物や食べ物から、カフェインを取り除いたものを言います。だから、コーヒーだけでなく紅茶やお茶、コーラやお菓子なんかも含まれるんです。

デカフェの方法には大きく分けて、水や二酸化炭素、薬を使うものがあるのですが、今現在、日本では薬を使ってデカフェされたコーヒーは輸入禁止になっているので、安心して楽しめますね。



デカフェ(カフェインレス)って何がいいの?

ご飯の後の、コーヒーや紅茶って美味しいですよね。ホッと一息つけるあの感じ。消化促進の効果があるんです。

仕事の合間にコーヒーを飲むと意識を覚醒させてくれるので、仕事がはかどったり、運動前に飲むと代謝が促進してくれるし。またコーヒーの中に含まれるポリフェノールには、「抗酸化作用」があります。

体の細胞が錆び錆びになって、老化を促してしまう活性酸素を取り除いてくれるので、お肌の潤いや張りが守れます。

でも、カフェインには女性の敵であるシミの原因のメラニンを促進させる力があるとも言われてます。それに取る時間によっては、眠れなくなくなったりも。

私も仕事柄ほぼ、毎日コーヒーを飲んでたのですが、これが続くと肌荒れが気になってきました。

1日何杯も飲んじゃう、また健康が気になる人にオススメなのかこの「デカフェ」。カフェインをほぼ取り除いているので、私の周りでは、健康志向の友達がいち早く取り入れていました。

私、寝る4時間前にコーヒーや紅茶、翼をくれる飲料を飲むと、眠れなくなるんです。

ベットに入っても、うだうだ。こんな人、多いのではありませんか。

だけど、ご飯を食べた後にコーヒーを飲むと、お腹がこなれるというか、消化を助けてくれる感じでやめれない。これこそまさに魔の無限ループ。そこで教えてもらったのがこのデカフェ。

カフェインレスなので、寝付けないってこともなく、これは素敵!と早速いろんなお店で頼んでみました。

カフェインが入っていないので、肌が荒れるということもなく、夜ご飯の後に飲んでもそんなに眠るのに響きません。

ただ、ちょっとお高くなるお店もあり、味がお店によっては酸味が強すぎたり、なんだかコーヒーって感じではないような薄味になったりと、一貫した味ではないのが残念ですね。




コメダ珈琲のデカフェ(カフェインレスコーヒー)は美味い!そしてお得!

それからほぼ、コーヒー店ではデカフェを頼むようにしてたんですが、よくいくコメダ珈琲にはないのかな?と思い、メニューをよく見るとありました!その名も「カフェインレスコーヒー」。

味がかなりお店によって左右されるので、コメダ珈琲でもあまり期待せずに、頼んでみました。

結果。美味しい。普通に美味しい。しかも他のコメダの店舗でも同じように美味しいです。

いつものブレンドより、ちょっと酸味を感じるけどすっきりしていて飲みやすく、出てくるまでにちょっと時間がかかったのが気になるくらいです。
そして何より。デカフェになると、手間がかかるのか、ちょっとお値段がブレンドなどよりお高めになることが多いですが、コメダ珈琲は同じ420円。しかもチケットも使えるってなんてお得!

チケットは地域によって多少違うみたいですが、都内では8枚綴りで3000円です。

1杯あたり、385円ですね。

それに、大きいサイズ(たっぷりコーヒーシリーズ等)を頼むときは、チケットとプラス100円で頼めます。
これ、普通で頼むと520円。かなりお得です。しかも、チケットは好きな時に好きなだけ使えます。私はこれを、何人かと会う時などに使ってます。経費を抑えたい時にはもってこいです。

コーヒーチケットは現金での販売のみで、購入したお店でしか使えないけど、有効期限はないし、店舗によっては不定期でチケットセールも行なっているので、是非活用してみてください。

お持ち帰りもできます。

スタバとかでは、お会計の近くにタンブラーだの豆だの、ここぞとばかりに目立つようにおいているのですが、実は、コメダ珈琲にも、お持ち帰り用のコーヒー豆がおいてます。

ちなみにカフェインレスコーヒーのお持ち帰りは、

ドリップ  カフェインレス5杯分660円
スティックコーヒー  8杯分で500円
(どちらもブラック加糖なし)

です。ついでにお持ち帰りのもので、もう一品デカフェではないけどオススメしたいのが

小豆小町の持ち帰り  3杯分で640円

です。これはコーヒー、ミルクティ、ミルクそれぞれに小豆が入ってるもので、これが本当に疲れた時に飲むと、ホッとするような甘さと豆の優しさがオススメです。さすが名古屋発祥のコーヒー店。小豆推しです。

ただ、店舗によってはカフェインレスコーヒーの取り扱いがないお店もあるので、コメダ珈琲のHP http://www.komeda.co.jp の右手の店舗検索で調べてみてくださいね。

ちなみにwi-fiが使えるかどうかも、このサイトで調べることができますよ。




他にもおすすめメニューとちょっとした裏技

コメダ珈琲というけれど、実は紅茶もあるんです。
メニューを見ていくと、さらっと流してしまいそうなくらい、存在感がないのですが、アイスとホット、ミルクとレモン、どちらもあります。

ただ注意しないと、普通に頼むと、シロップ(もしくは砂糖)入りの甘いものが出てきます。これは、一番コーヒーや紅茶を美味しく飲んでもらう味で提供しているとのことで、苦手な方は「シロップ抜きで」と頼むと無糖で出てきます。

あと、コメダ珈琲では、カップとコーヒー・紅茶自体の温度が変えれます。
注文する時に、「ぬるめで」と頼むと、猫舌の方にはありがたい温度。

「熱めで」と頼むと、通常より熱々なコーヒー・紅茶が出てくるので、紅茶の時は、これで頼むと本当に美味しいです。コーヒーもガツンと目を冷ましたい時にオススメです。

夏の暑い時にオススメなのは「アイス・ド・ティーフロート」

長靴のカップにアイスティと、ソフトクリームが乗っています。
このアイスの甘みと紅茶の渋みがいい感じでマッチしてます。紅茶だけでも美味しいのに、混ぜても美味しくて、しかも見た目も可愛い。インスタ映えもする一品です。

このアイスの部分をホイップへ変更もできるので、溶けるのを気にしたり、ちょっと体が冷えすぎるかな?という時は変更してみるのもいいですね。
あと、大好きなシロノワールのアイスをこのホイップへ変更するとお持ち帰りもできますよ。

あと、私が一番嬉しい裏技は、フードメニューを人数分に等分してもらえることです。
コメダ珈琲のフードメニューは、何と言ってもボリューミー。

一人で食べるには、お腹やカロリーと相談したい、この美味しさを友達とシェアしたい、そんな時は注文の時に、「人数分に切ってもらえますか。」「◯つに切ってもらえますか。」と頼むと、切って提供してもらえます。

小さい子供さんがいる家族には、かなり喜ばれます。子供さんも食べやすくなるし、こぼす心配も減りますからね。




デカフェメニューで 綺麗になりながら気兼ねなくコーヒー・紅茶を楽しみましょう

妊娠だったり健康のためだったりと、いろんな状況でコーヒーや紅茶が楽しめないと、ストレスが溜まりますよね。
友達といる時に自分だけ飲まないっていうのも、場の空気が悪くなりそうでなかなかできません。

そんな時に、デカフェメニューを知っていると、格段に助かります。
最近では、コメダ珈琲だけでなく、他のコーヒーチェーン店でも取り扱っているところが増えてきているので、味比べして自分に合う味のデカフェを探してみるのもオススメです。

楽しみながら、身体にいいことできるデカフェメニュー。
明日からちょっと、頼んでみませんか。