松屋で気になる【添加物】はどうなっているのか紹介します。

添加物は身体に悪いと、なんとなく思っていますよね。
まあ、大体の食物に入っているんじゃないかなとは思っているものの、気になるところではあります。


無添加と書かれた商品を手に取りがちなのもなんとなく添加より無添加のほうが、身体に害が少ないと思うからでしょう。

そう、体に害があるものは食べたくないですよね。


今回は、牛丼のチェーン店、松屋と添加物の関係を調査します。松屋の添加物がどうなっているのでしょうか。牛丼や紅生姜などなどの添加物について紹介していきたいと思います。

おいしい牛丼を安全に食べたいですね。


スポンサーリンク

添加物についてちょこっと紹介

添加物は絶対的に悪いものかというとそうでもないようです。
食品の保存期間をのばしたり、見た目や色をよくしたりする働きがあるそうです。


それこそ大昔から人間の知恵として肉の保存に塩を使ったり火で燻ったりして食品を保存してきたようです。それの現代版が添加物なんですって。今使われている添加物は、国に安全性を認められたものです。

ですが、やはり化学物質なので身体に悪い気がしますよね・・・。


そして、とりすぎると身体に悪いのは確実なようですので、摂取する量が大事なんです。なんでも適量が大事ってことですね!


松屋の添加物対策はどうなってる

松屋は人工甘味料・合成着色料・化学調味料・合成保存料などを使わないメニューを開発しているんですって!

自然界の食品から作られるダシは身体に優しいということで、重点を置いているみたいです。


松屋の牛丼に添加物は入ってる

松屋の牛丼の添加物についてです。化学調味料・人工甘味料・合成着色料・合成保存料は使われていないです。

ですが、これ以外の添加物については特に告知はないのでわからないですね。でもたくさんのメニューが、この4つの添加物を使用していないので、安心ですよね。

なんと、カウンターに置いてある商品もこの添加物がないものが多いんです。醤油・七味・ドレッシング・タレなどです。かなりこだわっているように思います。



松屋の紅しょうがの添加物

紅生姜とは、添加物を使っているものが多いそうです。

きれいな色を出すために合成着色料を使っていたり、長期にわたって保存ができるように保存料が入っているなど、かなり添加物が使われているようなのです。では、松屋の紅生姜はどうなのでしょう。


松屋のホームページによると、松屋の紅生姜は合成着色料を使用していないという記載があります。紅生姜についてもその他の添加物について記されてはいないのですが、少なからず使っていると思われます。

そして紅生姜の添加物も気になりますが、塩分が多く含まれているのも気になります。塩分の取りすぎが健康に害をもたらすのは有名ですよね。何にしても食べすぎることは毒になるというので、適量を食べましょう!


しかし紅生姜で使われる生姜は、身体に良い成分がたくさん入っているんです。

身体をあっためたり、便秘解消などなど他にも身体によい栄養成分があります。



松屋で気になる添加物はどうなっているのか紹介します。【まとめ】

今回は松屋の添加物、紅生姜の添加物について紹介しました。

食べ物を長期に保存するためやおいしくするために、添加物は生まれてきたんですね~。私も子供がいるので、添加物が多いのは気になりますよ。身体に蓄積されるものなので、いつ身体に害になって出てくるか分からないですもんね。

でも、添加物は今の生活に無くてはならないものになっているのも確かなので、気にしすぎることはないようにしています。適量であれば、毒にはならないはず。


万年ダイエットの私は、多めに紅生姜をかけていれば牛丼を食べても少しはダイエットになっていると思っていました。・・・紅生姜もかけすぎることはやはり身体に負担がありそうです。

食べすぎない、適量を食べるということが大事なのですね。

松屋

Posted by tassyon