チンゲン菜は下茹で必要?レンジと鍋の茹で方をご紹介!

チンゲン菜は、中華料理はもちろん和食や洋食など色々な料理に使える葉物野菜です。

チンゲン菜を料理で使う前に、同じ葉物野菜のほうれん草みたいに下茹では必要?と疑問に思ったはずです。


チンゲン菜は下茹でが必要なのか、レンジで下茹でする方法と鍋で下茹でする方法を詳しく見ていきます。



スポンサーリンク




チンゲン菜は下茹でが必要?

チンゲン菜は、アクが少ないので下茹での必要はありません。切ったチンゲン菜を炒め物や汁物などの料理に使える手間が掛からない野菜です。

チンゲン菜は、下茹での必要がありませんが、チンゲン菜を下茹でしてから料理に使うと、チンゲン菜の緑色が鮮やかになり風味や食感が良くなって料理が美味しくなります。


レンジを使った下茹で方法

1:チンゲン菜を良く水洗いをした後に、食べやすい大きさに切ります。
2:切ったチンゲン菜を耐熱容器に入れてラップをかけます。
3:チンゲン菜を入れた耐熱容器をレンジに入れたら、500Wで約2分加熱します。
4:チンゲン菜をレンジから取り出して、水気をしっかり切ります。
5:水気を切ったら、チンゲン菜の下茹では完了です。

レンジで下茹でしたチンゲン菜を美味しく味付けして食べてくださいね。


鍋を使った下茹で方法

チンゲン菜を丸ごと下茹でする場合

1:たっぷりのお湯と小さじ1の塩が入った鍋に硬い根元から入れます。
お湯に入れる塩の量は、水1リットルに対して小さじ1杯が目安です。
2:根元を20秒から30秒ぐらい茹でるとしんなりしてきます。
3:根元がしんなりしてきたら、葉の部分も入れて全体をお湯の中に入れて茹でます。
葉の部分は火の通りが早いのでサッと10秒ほど茹でていきます。
4:下茹でしたら冷水にさらして水気をしっかり切ります。
5:水気をしっかり切ったら、チンゲン菜の下茹では完了です。



チンゲン菜の根元と葉を分けて下茹でする場合

1:チンゲン菜の根元と葉の部分を2等分にして切ります。固い根元は縦に4棟分から8等分に切り分けます。
2:葉の部分は食べやすい大きさに切ります。
3:たっぷりのお湯と小さじ1の塩が入った鍋に切り分けた根元から入れます。
4:20秒から30秒ぐらい茹でているとしんなりして透明感が出てきます。
5:根元に透明感が出てしんなりしてきたら、残りの葉の部分を入れて茹でます。葉の部分は火の通りが早いのでサッと10秒ほど茹でていきます。
6:下茹でしたチンゲン菜を冷水にさらして水気をしっかり切ります。
7:水気をしっかり切ったら、チンゲン菜の下茹では完了です。


チンゲン菜の下茹でのポイントと注意点

チンゲン菜は冷凍保存が出来ますので、固めに下茹ですると使いやすいので、レンジや鍋で下茹でする時は茹で時間を短くしてくださいね。

チンゲン菜を使う料理に応じて下茹で時間を上手く調整すると美味しくなりますよ。

チンゲン菜を鍋で下茹でする時に、お湯の中に油を少し入れるとチンゲン菜の色が良くなり、チンゲン菜の風味と食感が良くなりますので試してみてください。

チンゲン菜の下茹での時間を長くすると、柔らかくなって風味や食感が落ちてしまいますので、
チンゲン菜の風味や食感が落ちないように茹ですぎに注意しながら、下茹で時間を上手く調整してくださいね。




スポンサーリンク




チンゲン菜は下茹でが必要?【まとめ】

チンゲン菜は、アクが少ないので下茹での必要はありません。切ったらそのまま炒め物などの料理に使えます。

チンゲン菜の下茹では必要がない手間が掛からない野菜ですが、チンゲン菜の下茹ではレンジや鍋で手軽に出来ます。

下茹での時間を料理に合わせて上手く調整するとチンゲン菜が美味しくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA