松屋はもう【プレミアム牛めし】しかないの?普通の牛めしとの違いは?を紹介します!

松屋は、2014年7月からプレミアム牛めしを販売開始しました。

プレミアム牛めしと普通の牛めし、何が違うんでしょう?

私は、今気が付いたのです。


いつも食べてる牛めしがプレミアム牛めしであったことを・・・。

ずっと普通の牛めしだと思ってました。


プレミアムが付くとなんとなく値段が高いイメージがありますよね。

安かったから気が付かなかったのです!

そこでプレミアム牛めしと普通の牛めしの違いは何なのか、紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク

松屋の牛めし・プレミアム牛めしの地図

松屋は牛めしとプレミアム牛めしの併売をしてないんです。なので、同じお店で両方を食べ比べることはできないんですね。

ではどこが牛めし、プレミアム牛めしの販売がされているのか。


関東圏はプレミアム牛めしが販売されています。それ以外の地域は、一部の店舗を除いて牛めしが販売されています。

関東の人が牛めし食べたいと思ってもなかなか食べれないって事ですね。

私はギリギリ関東圏なので、必然的にプレミアム牛めしを食べていたということです。


関東圏の人が牛めしを食べたくなったら、旅行先で食べよう!ってくらいになります。

旅行の新しい楽しみができるという感じですね。



松屋の牛めし・プレミアム牛めしの違い

では、牛めしとプレミアム牛めしの違いは何なんでしょうか。
プレミアム牛めしは主に7つの特徴があるんです。

中でもプレミアム牛めしの牛肉は、冷凍をしていない牛肉であることがポイントのようです。

普通の牛めしは冷凍の牛肉を使っているんですって。


なので、チルド管理にこだわった牛肉を使用している点が普通の牛めしとプレミアム牛めしの違いです。

チルド管理にこだわった牛肉は、肉の柔らかさが増して、うまみ成分が冷凍牛肉より2.5倍増しになります!

あと、とろとろでおいしい玉ねぎに違いがあります。


普通の牛めしの玉ねぎは中国産であるのに対して、プレミアム牛めしは国産の玉ねぎを使っています。



松屋のプレミアム牛めしの評価

プレミアム牛めしの口コミを見てみました。

・おいしい、うまい
・柔らかくてさすが
・プレミアムの感じでてる

といった口コミがある一方

・牛めしとの違い分からん
・他の牛丼店のほうが安くてうまい
・牛めしより値上げした分のおいしさがあるのか

など、金額が他の牛丼チェーン店より高いことが皆さんの口コミに多くありました。

吉野家→牛丼(並盛)352円+税

すき家→牛丼(並盛)350円(税込)

松屋→プレミアム牛めし(並盛)380円(税込)
   (牛めし(並盛)320円(税込))

他のチェーン店ともそんなに大きな金額の差はなさそうですね。

ただ、関東圏ではなかなかないですが、松屋の牛めしは安い方になります。

松屋の地域によって牛丼が違うのはなかなか面白いな~と思うわけですが、どうでしょうか。




松屋はもうプレミアム牛めししかないの?【まとめ】

今回は松屋のプレミアム牛めしと普通の牛めしにつて紹介しました。

松屋はプレミアム牛めしのチルドにこだわり、おいしさをプレミアムにしているんですね。
あと、大きな違いは玉ねぎの産地でしょうか。

なんとなく国産の方がプレミアム感がありますね。牛めしに対するこだわりを感じることができます。

私は金額について高いと思ったことはないです。

あの金額で食べれるにはじゅうぶん安いんじゃないかと・・・。


万年ダイエットの私は、あの安さが食べすぎの原因になってしまいうので困ってしまいます・・・。

ちょっとトッピングを増やしても全然500円くらいですむなんて他のレストランにはないですもんね。

ごはんも国産のものでおいしいし!


子供ができてからは、価格が安く子供連れでもお腹いっぱいになるので本当によく食べに行くようになったんです。

安くておいしい、なんて主婦の味方なんでしょう!

ありがたいですね。




松屋

Posted by tassyon