【メガマフィン】の感想やカロリーについて!実は低カロリー?

今回の記事ではメガマフィンについて調べてみました。


メガマフィンはネットで検索してみると、「メガマフィン うますぎ」と出てきて、とても驚きました。そんなメガマフィンの私の率直な感想や、気になるカロリーについてまとめていますので、ぜひ最後までお付き合いください。



スポンサーリンク

メガマフィンとはいったい何なのか?

メガマフィンとはそもそも何なのか。

それは朝マック限定で販売されているメニューで、イングリッシュマフィンと呼ばれるパンにソーセージパティを2枚挟んだマフィンである。

ソースはケチャップのみでシンプルな味付けになっており、朝にぴったりなメニューである。また、ソーセージパティはペッパーが効いていてケチャップのみでも程よくパンチが効いている。


メガマフィンの値段については単品で350円となっており、まずまずの値段設定である。朝マックなので多く食べないことを考えるとちょうどよいと思う。コーヒーと合わせて500円以下なのも良い。


朝マックは基本マクドナルドの開店(24時間の店舗の場合5時から)から午前10時30分までの時間で販売しています。



メガマフィンの感想は?

マクドナルドの朝マックといえば、昔からとても人気の高いメニューであることは間違いないのですが、特にメガマフィンは人気で、朝以外にも出してほしいという声もあります。


私も食べたことがあるもですが、若者舌のせいか濃い味の私には、パンチが効いていてとてもおいしかったです。ほかの朝マックのメニューと比べて、味もボリュームもパンチが効いています。


ネットで調べてみると、予測変換に、「メガマフィン うますぎ」と出るほどの人気っぷりなのですが、中には朝マックの他のメニューのようなソーセージパティの味を楽しむ薄味を好む声もあったのですが、その点はケチャップ抜きにすると解決できるので、私はメガマフィンをお勧めします。


食べるときは、メガマフィンは食べにくいので、少しつぶしてから食べることをお勧めします。また、裏返しにして食べることで、こぼれにくくなるのでお勧めです。




メガマフィンの気になるカロリーについて

ネットでも「うますぎ」と評判のメガマフィンなんですが、やはり気になりますよね、カロリーについて。

調べたところによると695kcalとかなりの高カロリーと言えます。私の一日に必要なカロリーが約2300kcalなので、約30%になります。しかし考え方によっては一概に高カロリーと言えないかもしれません。


朝マックでコーヒーと一緒に注文すると、この2つだけで十分満足できてしまいます。コーヒーが7kcalなので、一食当たり約700kcalになります。

しかしお昼ご飯などでマックを注文すると、ついついポテトなどのサイドメニューに手が出てしまいがちですし、飲み物もジュースになりがちです。そこでビックマックセットと比較してみました。


ビックマックが525kcal、ポテトMサイズが410kcal、コーラMサイズが140kcalなので、合計1075kcalになります。これは私の一日に必要なカロリーの約46%になります。一食で半分近いカロリーになってしまうので、いかに高いかが分かりますね。


そう考えると、メガマフィンとコーヒーのセットは、コスパも良く、実は低カロリーなのかもしれません。



メガマフィンの感想やカロリーについて!【まとめ】

いかがだったでしょうか。

今回はメガマフィンについてまとめてみました。メガマフィンにの予測変換に「うますぎ」と出てきたときは正直驚きましたが、私もメガマフィンは大好きなので納得です。メガマフィンのカロリーも考え方によっては、そんなに高くないという結論になったのも面白いですね。

また、実はメガマフィンは高たんぱく質な料理なので筋トレにも効果があるのかもしれません。朝のランニングの後にぜひ一度食べてみてください。