【グランベーコンチーズ】のカロリーは?いつまで食べられる?評判も調査!

今回の記事では、グランベーコンチーズには何が入っているのか。カロリーはどのくらいあるのか。評判はどうなっているのかという疑問を解決いたします。


記事の最後には、店員直伝のおすすめの食べ方も紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いください。




スポンサーリンク

グランベーコンチーズの中身について

まずグランベーコンには何が入っているのでしょうか。調べてみるとダブルチーズバーガーに似ていることが分かりました。材料は以下の7つです。


マスタード(増量無料)
ケチャップ(増量無料)
スライスオニオン
チーズ
ホワイトチェダーチーズ
スモークベーコン
ビーフパティ


このように、味付けに関しては、ハンバーガーやチーズバーガーとよく似ていますね。

一番大きな違いは、パンが黄色手丸めバンズというグラン系専用のバンズになっており、蒸すことにより、柔らかくふっくらした触感になっていることが挙げられます。

オニオンも触感を生かすために、大き目にカットされており、存在感があります。ビーフパティもハンバーガーに使われているものよりも、厚いため、食べ応え抜群です。



グランベーコンチーズの気になるカロリーのほうは?

やはり食べ物のカロリーは気になりますよね?私もかなり体重の変化が気になるので、カロリーはとても気になります。


グランベーコンチーズのカロリーは、公式サイトによると、489kcalだそうです。

例を挙げると、私の一日に必要なカロリーは約2300kcalなので、必要カロリーの約21%になります。これにセットのポテト(Mサイズ)と飲み物のコーラ(Mサイズ)を合わせると、1039kcalになります。

一日に必要なカロリーの約45%になります。個人的には、かなり高いと考えています。



グランベーコンチーズはいつまでやっているの?評判は?

グランベーコンチーズは2017年4月5日に発売を開始して、レギュラーメニューになりました。基本的にレギュラーメニューなので、期間は決まってないです。いつでもおいしいグランベーコンチーズを味わうことができますね。


グランベーコンチーズの評判については、調べた結果このようなコメントが多く見つかりました。下にまとめておきます。

バンズがふっくらしていておいしい
ビーフパティが厚めなので食べ応えがある。
安定の味
値段が高い(全レギュラーメニュー中2位!)
ボリューム感がない
チーズバーガー3個のほうがお得


このように良い点、悪い点が挙げられました。私個人の意見でいえば、夜マックで注文すると、とても食べ応えのある上安定のチーズバーガー系の最高の味なので満足しています。(値段は高いと思うけど…)



店員直伝おいしい注文の仕方!

先ほども紹介しましたが、このグラン系は、夜マックがおすすめなんです!ビーフパティが厚みのあるものなので、パティ倍にするとかなりのボリュームになります。

私は肉が好きなので、おすすめの食べ方は、思い切って、ソース抜きにします!そしてパティ倍焼き立てで注文します。


ソース抜きにしておいしいのかという不安があるとは思うのですが、2種類のチーズとベーコンの塩気によって、味は意外にもしっかりしています。

ソース抜きパティ倍焼き立てで注文することで、ビーフパティ本来のおいしさが引き立ち「お肉を食べている!」という感じがします。そのため私はこの食べ方をお勧めします。

スライスオニオンは少し辛いので、辛いのが苦手な人はオニオンも抜いてもらうといいと思います。




グランベーコンチーズのカロリーは?【まとめ】

いかがだったでしょうか。

今回は、グランベーコンチーズのカロリーや評判についてまとめました。カロリーはなかなか高めでしたけど、おいしいものは高カロリーなので仕方ないですね。

グランベーコンチーズを注文するときは、ぜひおすすめの食べ方も試してみてください。