ミスドの【詰め合わせ】!リニューアルした「ドーナツポップ」についてご紹介!

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村輝治さん)が運営するミスタードーナツは、2016年7月26日より、ひとくちサイズの人気ドーナツ6種類から自由に選べ、詰め合わせられる『ドーナツポップ』を全国のミスタードーナツで発売しました!


『ドーナツポップ』について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク

ミスドの自由に詰め合わせ出来る『ドーナツポップ』について

『ドーナツポップ』はひとくちサイズになった6種類の人気ドーナツを好みに合わせて1個単位から自由に選び詰め合わせられる商品で、幅広いシーンでの利用を想定し、パッケージのデザインやサイズにもこだわり、手土産やホームパーティーなどに最適な「24個入り」、家族とのひと時などに最適な「16個入り」、自分へのご褒美として最適な「8個入り」の定型サイズのほか、いつものドーナツと合わせて少量を食べたい時にもぴったりな単品用のペーパーバックも用意。

さらに専用メッセージピックを活用して「ありがとう」や「おめでとう」などのひと言を添えることで、プチギフトや手土産、差し入れなどのプレゼントとしての演出にも最適となっています。


✱対象ショップ

ミスタードーナツ 全店(一部ショップを除く)
※一部ショップでは仕組み・価格が異なる。


✱販売方法・価格・カロリー

詰めるドーナツポップの種類と個数を決め、店員が専用のパッケージに詰める。希望者にはメッセージピックを添付。一言メッセージを書き添えて利用できるようになっている。
※定型サイズ「24個入り」「16個入り」「8個入り」は詰め合わせた商品も販売。
・「24個入り」イートイン税込774円、テイクアウト税込760円

・「16個入り」イートイン税込530円、テイクアウト税込520円

・「8個入り」イートイン税込275円、テイクアウト税込270円

・ペーパーバック1個 イートイン税込38円、テイクアウト税込37円


✱ドーナツポップ 商品ラインナップ

・エンゼルクリームボール(40kcal)
ふんわりとしたイースト生地に、ホイップクリームを詰め、ドーナツシュガーをまぶしたもの。

・ポン・デ・ストロベリーボール(47kcal)
もちもちとした食感のポン・デ・リング生地をストロベリーチョコでコーティングしたもの。

・ゴールデンチョコレートボール(50kcal)
ミルクチョコレート風味の生地に、カリカリとした食感のゴールデントッピングをまぶしたもの。

・オールドファッションボール(61kcal)
ミルク風味のサクサクとした食感のオールドファッション生地をひとくちサイズにしたもの。

・チョコファッションボール(74kcal)
ミルク風味のサクサクとした食感のオールドファッション生地に、チョコレートをコーティングしたもの。

・ココナツチョコレートボール(49kcal)
ミルクチョコレート風味の生地にシャリシャリとした食感のココナツをまぶしたもの。

小さくて可愛い見た目ですがやはりひとつ分でも高カロリーですね…食べ過ぎには要注意です(笑)




ミスドのドーナツポップ詰め放題をやっているお店も!攻略法もご紹介!

このドーナツポップの容器S.M.Lで「詰め放題」を行っている店舗があるようです。

どうやら全店舗で行われているものではないようで「新型店舗」に該当する店だけで行われているサービスだそうです。


✱ドーナツポップ詰め放題の概要

1.カップのサイズを決める(S.M.L)
2.好きなドーナツをカップに入れる
3.フタを閉めてレジで会計

という流れです。とくに難しくはありません。

ちなみに1個単位でドーナツポップを買いたい場合は、お店に置いてあるトレイにドーナツポップを1個単位で取ってお会計に行けば1個単位で買えると思われます。

お店によっては上記した6種類以外のドーナツボールも置いてあることもあるようです!


✱ドーナツポップ詰め放題のコツ

(Lサイズに気づかずMサイズの容器で挑戦)

ドーナツには硬いものと柔らかいものの2種類があります。
硬いドーナツはオールドファッション系とつぶつぶついてる系のドーナツたちです。

これらはつぶすとボロボロになってしまいさすがによくないのでそれ以外の柔らかいエンゼルクリーム、ポン・デ・リング系をたくさん詰めることにします。一応、今回は硬い系と柔らかい系両方を詰め放題することとします。


まず、底面に硬いドーナツをキレイに並べて入れます。底面にドーナツを敷き詰めたら、その隙間と隙間に柔らかい系のドーナツを敷き詰めていきます。(お好みで硬いのを入れても〇)

3段目ぐらいでおそらくフタに触れる位置まで到達しているのではないかと思われます。フタが閉まらないとさすがにお会計してもらえないので、フタが閉まるかはその都度確認しながらつめていきます。

その最上段はおそらく柔らかい系だけでまとめた方がたくさん入ります。フタに隙間が出来ないように確認しながら詰めていきます。

実はこのフタ、結構ちゃんと閉まってくれるので、そこまで遠慮しなくてもそこそこ詰め込んで大丈夫です。ただ、入れるだけ入れて閉まらなかったら困るし、落としてしまったら食べられなくなるので、ちゃんと確認しながら詰めましょう。

詰め込むので、潰れているドーナツは食感が通常のドーナツとは異なります(笑)なのでミスド本来の味を楽しみたい人にはオススメしません。ただ、味は同じです(笑)たくさん食べたい方にはオススメですね!

もしドーナツポップの詰め放題に出会ったら、是非挑戦してみてください!



ミスドの詰め合わせ!リニューアルした「ドーナツポップ」についてご紹介!【まとめ】

ミスドの「ドーナツポップ」について簡単にご紹介しました。

Dポップ無くなったと思ったらこんな形で復活してたのですね!
なんとなく、小さいから私はいつも普通のドーナツしか購入してなかったです(笑)今度8個入りから挑戦してみようかなと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。