セブンイレブンのとろろそばの【真実】カロリーや糖質は?

夏になると冷たい麺が食べたくなりますよね。
セブンイレブンでも30度を超えると冷たい麺は100個くらい売れるんです。
客数が多い店はもっとですね。


冷たい麺の中には、中華そば系とうどん系と蕎麦系があり、蕎麦系は、中華そば系の次に種類があります。そば系の中に今回の記事のお題である「とろろそばが」あります。

毎年出る定番商品でが、ざる蕎麦以外は期間限定のため、一瞬売り場に出て、期間が終わるとお目にかかれなくなる。そんな商品です。

今回はセブンイレブンのとろろそばのカロリーや糖質などと併せて徹底解剖します。


スポンサーリンク

そばダイエットとは?

少し前にそばダイエットなるものがはやりました。
そばは炭水化物なので、カロリーも高いほうです。気になって調べてみるとお米よりも高い!

こんなのでダイエットになるのと思うのですが、流行ったのが一時的だったことを考えると、あまり効果なかったのではないでしょうか?

もう少し詳しくそばダイエットについて調べてみると1日1食以上をそばに代えてダイエットを行うというものだそうです。カロリーが高いものに代えても意味ないと先ほどもいいました。

しかし、栄養素の中に脂肪の燃焼を助けるビタミンB1が多く含まれている。血糖値の上がり方を抑えて脂肪を取り込みにくくする数値が高く、たんぱく質やアミノ酸を多く含んでいるため、筋肉ができやすい。こういった点でそばを推しているようです。

うまく利用すればダイエットになるのでしょうが、それはどのダイエットも同じなのでしょう。結局のところやり方次第でしょうか。

セブンイレブンのとろろそばの成分は?

実際セブンイレブンの「冷やしとろろそば」のカロリーなどはどうなっているのか?セブンの「冷やし中華」と「冷やしたぬきうどん」の3品比較しながら見てみましょう。

「冷やしとろろそば」 430円

カロリー342Kcal タンパク質 14.3g 脂質3.7g 炭水化物(糖質)62.7g Na 1.0g

「冷やし中華」 480円

カロリー496Kcal タンパク質 23.3g 脂質7.0g 炭水化物(糖質)85.1g Na 2.3g

「冷やしたぬきうどん」 380円

カロリー454Kcal タンパク質 12.2g 脂質9.3g 炭水化物(糖質)80.3g Na 1.5g

セブンイレブンの冷たい麺を代表する3品の成分です。

「冷やしとろろそば」がカロリー、脂質、炭水化物(脂質)、Naにおいて一番低いです。
唯一タンパク質だけは「冷やしたぬきうどん」のが下でした。

カロリー400Kcal以下はそばのみ。ダイエットにと考えられるのも納得。

「冷やしとろろそば」はうまいか?まずいか?

セブンイレブンの「冷やしととろそば」はカロリーは結構低めだよというのは分かって頂けたと思います。

あと気になるのは味はどうなのか?ということです。
私も食べたことありますが、普通です。うまくもなく、まずくもなく。

ただ、蕎麦という感じはあまりしないかも、蕎麦特有の風味ってありますよね?
その風味をあまり感じることはできません。

とろろの他にオクラとなめこが入っています。ネバネバ三昧です。
入っているといってもちょこっとなので、苦手な方もそんなに気にならないかと思います。

セブンイレブンの冷たい麺だと「うどん」をおすすめします。
しっかりコシがあって、つるつるの麺。「中華麺」もコシがあって食べ応えありますが、「うどん」が一番それを感じることが出きると思います。



セブンイレブンのとろろそば【まとめ】

今回はセブンイレブンの「冷やしとろろそば」についての記事でした。ざる蕎麦と冷やし中華は冬に入っても置いてある店はあると思います。

しかし、冷やしとろろそばや冷やしたぬきうどんは季節ものなので、この記事を読んでちょっと食べてみようと思った方は、暑いうちに味わってみてください。

7-11

Posted by tassyon