セブンイレブンに頭痛薬は売ってる?鎮痛薬やロキソニンが無い時の対策法はこちら!

夜中に急な頭痛に襲われ、なかなか寝付けないことってあると思います。
そんな時に限って、頭痛薬がないってよくあるんですよね。

我慢できないこの頭痛をどうにかしたい!そんな時、セブンイレブンに頭痛薬って売ってたかな?と気になると思います。


実際にセブンイレブンに頭痛薬は残念ながら置いていません。

置いていないというよりも置けない理由があるのです。

その理由とは何か?ということと、セブンイレブンで頭痛薬が買えないのであれば、何か代用できるものはないか?というお話をしていきたいと思います。


スポンサーリンク

セブンイレブンに頭痛薬は販売している?鎮痛剤は?ロキソニンはある?

セブンイレブンに行けば何でも揃うというイメージなのですが、実はセブンイレブンでは頭痛薬や鎮痛薬、ロキソニンは残念ながら売っていません。

それはなぜかと言うと、頭痛薬や鎮痛剤、ロキソニンは第一類医薬品という部類に属しており、販売するにはきちんと許可が必要です。

市販薬は第一類医薬品・第二類医薬品・第三類医薬品の3つに分けられています。

・第一類医薬品は薬剤師の説明が義務付けられています。
・第二類医薬品は薬剤師か登録販売者がなるべく説明をする必要があります。
・第三類医薬品は薬剤師がいなくても販売できて、許可をとる必要もなく販売できます。

このことから、セブンイレブンで鎮痛剤やロキソニンを販売するには、薬剤師を雇うことと販売許可が必要なので売っていません。

しかし、最近では薬剤師を雇い、一部ですが第一類医薬品を扱うセブンイレブンがも増えてきているのです!

でも、なかなか鎮痛剤やロキソニンを販売にまでできるようにすることは難しいようです。

近い将来に、セブンイレブンで鎮痛薬やロキソニンが買える日がくれば嬉しいですよね!



セブンイレブンに頭痛薬や痛み止めが販売されていないのはなぜ?

セブンイレブンで鎮痛剤やロキソニンなどの痛み止めが販売されれば本当に便利だと思うのですが、簡単にはいかないのが現実です…。

その1番の理由は、人材確保がかなり難しいからです。

薬剤師の資格をとるためには、国家試験を受けて合格しなければなりません。

その国家試験を受けるためには、6年制の薬学部と4年制の薬科学科のを卒業した人しか受ける資格が得られないのです。

ただでさえ、今の世の中薬剤師不足と言われていますので、薬剤師の資格を持っている人がいても、なかなかセブンイレブンで働く人が少ないのが現状です。

やはり薬剤師の資格を取得した人は、病院勤めか、調剤薬局に就職してしまうのです。

さらにセブンイレブンは基本的に、24時間営業です。

労働基準法では働ける時間が、1日8時間と決まっているため、セブンイレブンで鎮痛剤やロキソニンを販売しようと思うのであれば、薬剤師を3人以上雇う必要があるのです。

ただでさえ、薬剤師不足なのに1つの店舗に3人も薬剤師に来てもらうことは不可能に近いのです。

将来的にセブンイレブンに鎮痛剤やロキソニンがが販売されたら、さらにセブンイレブンを利用する人が増えるでしょうね!



セブンイレブンに頭痛薬は販売されていないなら代用できるものは?

セブンイレブンに頭痛薬や痛み止めは販売していませんが、痛みを次の日まで我慢するのは本当に辛いです。

そんな時、セブンイレブンに販売されているもので、苦痛を和らげるものを紹介します。

セブンイレブンに錠剤の風邪薬などは販売していませんが、風邪などで体が弱っているときにオススメな、栄養ドリンクがたくさん売られています。

私は、夜中頭が痛くて眠れないとき、栄養ドリンク(比較的値段が高いもの)とおでこに貼る冷却シートをセブンイレブンに買いに行きます。

栄養ドリンクを飲み、おでこと首の後ろに冷却シートを貼れば、痛みは和らぎます。

頭痛以外でも、歯が痛い時も頬に冷却シートを貼ると和らぎますよ!

これで、夜中に痛くなっても安心ですね。



セブンイレブンに頭痛薬は売ってる?【まとめ】

セブンイレブンには残念ながら頭痛薬や鎮痛剤、ロキソニン、痛み止めは販売していません。

しかし、販売できる店舗が少しずつですが増えてきていることは確かです。

もしかすると、もうすでにあなたの近くのセブンイレブンには販売されているかもしれませんが、私の住む地域ではどのセブンイレブンにも販売されていません。

そのため、夜中にいたくなった時は、栄養剤と冷却シートで朝までしのぎます。

私はこれで朝まで痛みは和らぎます。

困ったときはセブンイレブンに買いに行ってみてはいかがでしょうか?












7-11

Posted by tassyon